東大生が考える日本社会の問題点、年功序列、中流思考-Part1-

どうもこんにちは。今日は日本社会がいまいち成長できていない理由を話そうと思います。そして、このいまいち成長できていないしょうもない社会だからこそ、ちょっと頑張れば日本だけでも圧倒的な成功を収められるということを説明していこうと思います。書いてたら長くなってしまったので分割して書きます。

まず、今の日本の問題点をいくつかあげようと思います。

年功序列制度

みんなが中流(全部平均的にできるのがよしとされる)

女性の求めている男性像が三平

オタクを虐げる

というようなものが挙げられると思います。これらについて一つ一つ見ていきましょう。

年功序列制度。これはダメだという声がよく上がっていますね。僕もこの制度こそ日本の成長を妨げているのだと思います。

年功序列制度というのは能力に関係なく、年齢が上がっていくにつれて給料が上がっていくという制度です。年を取っている人のほうが高い給料をもらうというのは直感的には非常に受け入れやすいことですが、それは年を取っている人のほうが仕事に慣れていて有能であるという平均的なデータにすぎません。実際、仕事のできないおっさんはいくらでもいるし、逆にめちゃくちゃ有能な若い人だっていっぱいいます。ただ、めちゃくちゃ有能なのに月20万円しかもらえない新卒社員と、無能なのに月60万くらいもらえるおっさんが同じ会社で働いていたらさすがに若い有能社員はやる気なくしますよね。「がんばっても意味がない。なら手を抜いてしまおう」有能な人間だからこんなことには簡単に気づいてしまいます。結局、この年功序列が明らかすぎる場合はこの有能社員は会社を出て行ってしまうかもしれませんね。これが年功序列のクソな点です。どんなに頑張っても天井が見えてしまってやる気がなくなるというのがミソです。

日本ではこのような習慣を断ち切れる企業は多くありません。この習慣を引きづっている企業は優秀な若手が力を発揮することができず、どんどん生産性が下がっています。結果その企業は競争に負けることになるかもしれませんね。本当にもったいないです。無能な人は自分の力に関係なく給料が上がっていくので好都合ですね。そのような会社には無能な人間ばかりが集まって最終的に無能の集まりとなり、破たんしていくでしょう。日本の足を引っ張っているのはこのような年功序列から抜け切れず、失敗している企業でしょうね。

ただ、年功序列がどの程度行われているのかというのは表に出てきません。皆さんが表面的に就職活動をしていてもそのような会社は表面に出てきません。そこがつらいところですね。それが分かった瞬間に転職する決意を持てるような実力をつけておくというのが結局のところ一番良いのかもしれません。

次にあげる日本の悪いところはみんなが中流です。つまり、勉強もある程度できて、運動もある程度できて、コミュニケーションもある程度できて、顔もある程度良い、そんな人が一番よしとされるのが日本です。要は平均点の高い人ですね。不細工な東大生とそこそこ顔の良い明大生だったら半分以上の人が明大生を選ぶでしょう。男女関係に限らず、企業においてもこの例の明大生が求められることが多いのです。しかし、考えてみてください。このような明大生が日本を引っ張っていけるような力があると思いますか?日本を変えるような革新を起こせると思いますか?上司のご機嫌をとるのがうまいだけで会社への貢献度が高い東大生以上の給料をもらう資格はありますか?残念ながらそれが現実となっているところが多いのです。

この風潮は簡単にはなくなりません。なぜなら、日本人の哲学として「和」というものがあるからです。つまり、他の人と同じだと非常に心地が良い。東大生ほどの知性と個性を備えている人材は日本の中で圧倒的なマイノリティです。先の例のような明大生のような人間は圧倒的にマジョリティ、つまり多くの人の好感を得やすいのです。だから東大生より昇進もできる。ここにきて日本の文化があだとなりましたね。悲しいことです。

みんながみんな東大生のような知性を備える必要はありません。ただ、もっと多くの人が東大生を尊敬できるような社会的な風潮は非常に大切だと思います。よくメディアで東大生はモテない?というようなテーマを用いて視聴率を稼いでいるような番組がありますが、このように東大生は卑下するものというような風潮を流すことで社会の貴重な財産に傷をつけているという点で、そのような放送局は罪深き存在なのです。それに流されて東大生をバカにしている人も同罪ですよ。

社会を変えて、引っ張っている人の多くは東大生のような人材です。そのような人材を粗末に扱い、貶めている国は日本以外ありません。日本の生産性がどんどん低下しているのは日本のよき文化であった「和」が裏目に出てしまったせいであるのです。自分と違う人をさげすみ、自分と同じ人を認める。その気持ちは僕だってわかりますが、それが人間関係や仕事に現れてしまうのは明らかに日本をダメにしています。だからこの記事を読んだ皆さんからぜひ認識を改めてほしい。僕は今皆さんに土下座しているくらいの勢いです。これが皆さんの心に通じたらそれを広めてください。実際に友達に伝えるのでもいいし、SNSで拡散するのでもよいです。東大生が再び尊敬されるような時代に戻してください。それが皆さんに還元されるように僕たちも頑張るので。。。

長くなってしまったので今日はここまでにします。続きは次の記事にしますね。

ゴールデンウィーク初日から早起きできない奴は何をやってもダメ

こんにちは。中学生の皆さん、高校生の皆さん、社会人の皆さん、ついにゴールデンウィークがやってきましたね!大学生は常にゴールデンウィークみたいなもんなので関係ないですね。ということで今日はゴールデンウィークの過ごし方から見るダメ人間度を僕が勝手に測定しちゃいます。

・混んでいるところに行っちゃう

ダメ人間度:20

だめですね~何がダメかってせっかくの休みをわざわざ混んでいるところに行って無駄な待ち時間などに使ってしまうのがダメですね。せっかくの休みなんだからどっか行きたい!と思う気持ちもありますが、何も考えずに人がたくさん集まるようなところへ行くのはダメ!ストレスがたまり、せっかくの時間を無駄に過ごすことになってしまいます。なので人の多い繁華街、人気のスポットは行くのはやめておきましょう。

・遅起き

ダメ人間度:40

はい、僕のことです。せっかくの休みだからゆっくり寝てたい。その気持ちもわかります。ただ、人間の睡眠は多くても7,8時間で十分なことが科学的に証明されています。だから10時間もだらだらと寝ているのは時間の無駄というだけでなく、体力も消耗して何も良いことがないのです。睡眠時間を2時間減らせば、2時間で何かできますよね。ゴールデンウィーク5日間すべて2時間ずつ睡眠時間を減らせば合計で10時間も長くゴールデンウィークを過ごせるのです!ゴールデンウィークが約1日増えるようなものですよね!だから寝ないのもいけませんが、寝すぎは逆に無駄が多いのでやめましょう。

・引きこもってネットサーフィン

ダメ人間度:60

これはゴールデンウィークに限ったことではないですけどね。家に引きこもっている分には問題ないでしょう。ただ、引きこもるなら有意義な活動をしてほしいものですね。このサイトを見ている分には有意義なのでダメ人間度は0になります。だから、ネットサーフィンをするにしても有意義な情報を得ましょう。

・デート

ダメ人間度:1000000000000000000

はい、これ本当にダメです。多分ゴールデンウィークに適当なデートをすると破局しますよ。前の記事に書いた東大生みたいに綿密に計画を立てて旅行に行くとかだったらまだしも、適当にここ楽しそうだから行こうかーとかいって人気スポットに行くと先述のように人ごみにまみれて死にます。二人にとって嫌な思い出になること間違いなし!なので、リア充爆発を願う我々にとっては人気スポットにいるカップルが全員破局することになってうれしいことなのですが、このブログを見てくれている知的なリア充の方はぜひあえてゴールデンウィークを避けてみましょう。どうせ普通の日だって会えるわけですから。

このようにダメ人間生活をしてしまいそうな皆さん、そんな皆さんに救いの手を差し伸べてあげましょう。ズバリ、東大生が選ぶ有意義なゴールデンウィークの過ごし方!

これから何をしたらいいか迷っている方にぜひおすすめしたいゴールデンウィークの過ごし方です!

・家で読書

ダメ人間度:-100

いいですね~読書はいいですよ。良い本を読めば自分がどんどん変わっていくのを感じることができます。なのでこれを機に読書をしてみてはいかがですか?ただ漫然と読書をしていても飽きてしまうので、まずは速読の方法を学んでから読書するのが良いと思います。速読の方法はネットにいくらでも転がっているのでいくつも記事を見比べて、実践するに値しそうなものは取り入れてみましょうね。速読できるようになると読書が楽しくなります。

・バイト

ダメ人間度:-200

バイトもよいでしょう。前の記事でも書きましたが、みんながお金を消費しているときに逆にお金を稼ぐ。相対的に大富豪になるチャンスです!だからみんなもゴールデンウィークこそバイトをしましょう!繁忙期は給料が高いこと間違いなし!(社会人や中学生には難しいですね)とにかく周りの人と違うことをするのが人生で勝ち組になれる方法です。

 

東大生が進めるゴールデンウィークの過ごし方、ダメな過ごし方いかがでしたか?もうすでに予定が決まっている人、何も予定がない人いろいろいると思いますが、誰にでも暇な時間はあるでしょう。ぜひ実践してみてくださいね。

 

ゴールデンウイークの過ごし方から探る東大生の生態

こんにちは。もうすぐゴールデンウイークですね。どこかにお出かけしようと考えている人も多いのではないでしょうか。どこに行こうか何をしようか迷っている人のために東大生がゴールデンウイークにどこに行くかインタビューしてきました。

 

僕「ゴールデンウイーク何する?」

Aくん「彼女と北陸旅行する」

僕「さよなら」

インタビューをする相手を間違えました。彼みたいなリア充東大生もいるんですよ。

 

Bくん「僕は友達がいないので何もしないよデュフフ」

僕「おっそうだな」

東大生は意外と暇な人が多いです。学校で楽しく話す相手はいてもその人と休みの日に遊ぶという発想がない人が意外と多いです。結果、休みの日に何をするか聞いても暇だと答える人が結構いるのです。

Cくん「麻雀しよ」

僕「する」

麻雀大好きなのでこの人と麻雀をすることにしました。あと二人集まるか心配ですけどね。東大生は麻雀大好きなので暇なら来るでしょう。

Dくん「五月祭の準備」

僕「がんばってね」

そうです。5月といえばゴールデンウイーク・・・というより五月祭です。五月祭とは東京大学の本郷キャンパス・弥生キャンパスで開催される学園祭です。二日間で15万人近くの来場者がある日本最大級の学園祭です。毎年ヒルナンデス!など様々な番組で取り上げられます。その学園祭の準備をするらしいですね。大変そうですね(他人事)ちなみに今年は5月20日と21日に開催されるようですね。もし、僕に会いたい人がいたら僕は特に何をするわけでもないですが会いましょう。

Eくん「肉フェス」

僕「おいしかったよ」

皆さん、肉フェス知ってますか?今お台場でやってるんですけど、僕は先日行ってきました。めちゃくちゃうまかった。特に「飲めるハンバーグ」これに感動しました。今まで食べてきたハンバーグの中で冗談抜きで1番うまかった。マジでやばい。本当にうまいからこれを読んでいる皆さんにぜひ食べてほしい。それが僕のメッセージです。出しているお店は千葉県船橋駅の近くの「将泰庵」というところらしいです。意外と東京に近かったですね。今度行ってみようかな。

Fくん「バイト」

僕「それな」

東大生のゴールデンウイークの過ごし方最後はバイトです。やっぱりこれにつきますね。ゴールデンウイークってどこに行っても混んでるじゃないですか?大学生は割と暇な時期多いわけだし、わざわざこの時期に出かけるよりも家でだらだらしてたり、バイトしてお金ためたりしたほうが効率よいですよね。みんながお金を使っているときにお金を貯める。これこそが富豪への第一歩です。ゴールデンウイーク以外もお休みが多く取れる皆さんは無理して出かける必要ないのではないでしょうか?僕はバイト引きこもり麻雀引きこもりバーベキューの予定です。

というわけで皆さん楽しいゴールデンウイークをお過ごしください!