東大生が中高生に伝えたいこと-Part2-

それでは東大生である私が中高生の皆さんに伝えたいことその2を書きます。今回のテーマは

早ければ早いほど良い

ということです。前の記事のテーマと関係してくるのがこれです。何かを始めたり努力したりするのは早ければ早いほど良いのです。以前の記事でも書きましたが若さは最大の武器なのです。僕は高校生の時に今の僕になれてたらなあと思っています。後悔しても意味がないんですけどね(意味がないことをわかっているので実はそんなに後悔していません)だからぜひこの記事を見たら今すぐに行動してください。今日より若い日はもう生きれないのですから。

 

ということでこの記事を見ている皆さんが早く行動するためにちょっとしたお手伝いをします。今から各質問に心の中で答えてみてください。答えを僕にメールで連絡してくれてもよいです(saisentan.toudaisei@gmail.com)人間が自分の考えをメールや紙に書いたり表現することでその行動を自然にするようになるというのは心理学で証明されているのでメールで僕に送ることを推奨します。

では質問していきますね。

あなたが今一番したいことは何ですか?

そのためには何をする必要があると思いますか?

この二つはとても大事な質問です。まず、最初の質問は目的(ゴール)についてですね。人間は目的(ゴール)があったほうが行動できます。10kmマラソンするのでも、スタート地点からゴールが見えてると近づいているのが目に見えてモチベーションになりますが、ゴールが全く見えないといつまで走ればよいかわからなくてモチベーションが下がり、体力も持っていかれます。大体のことはそれと同じです。なので目標を持ちましょう。

 

スポンサードリンク

 

二つ目の質問はその目的に対する手段です。例えばあなたが乃木坂46の西野七瀬さんと付き合いたいと考えたとします。今のあなたではもちろん無理です。まず向こうに知られてもいないわけですから。だから西野七瀬さんにまず知られるということが大事です。では次に西野七瀬さんに知られるためにはどうすればよいのでしょうか?握手会に行く?出待ちをする?ファンレターを書く?それとも芸能人になって共演しちゃう?(これが一番効率の良い方法だと思うのですが)というように行動を起こす際には段階を踏むというのが大事です。そしてその段階もできる限り小さくスモールステップにすることが大事です。

いきなり芸能人になるといっても無理ですよね。まずどんな芸能人になるか決める。もし歌手になりたいんだったら、歌がうまくならなくてはいけない。歌がうまくなるにはボーカルスクールに行ったほうが良いだろう。そこで歌がうまくなったら音楽事務所に応募してみよう。だめだったらYoutubeに動画を投稿して有名になろう。あれ?Youtuberで有名になったら西野七瀬さんに会えるんじゃないか?というようにするわけです。

大事なのはスモールステップにわけることでいろんな道が見えてくるということです。今書いたみたいにです。ということで文章で書くのは難しいので自分で考える際には図にしてみると良いかもしれませんね。もし必要だったら僕が代わりに書いてもよいです。

ということを書いていたら今回のテーマと大きくずれてしまいましたね。今回のテーマは早ければ早いほど良いということ。そして何かを始めるには目的と手段を考えてみること。それができれば即行動!ということで限られた時間を有効に使っていきましょうね!

 

スポンサードリンク

東大生が中高生に伝えたいこと-Part1-

どうもこんにちは。

今回はめちゃくちゃ大事なことを言います。もしかしたら長くなるので2つの記事に分けるかもしれません。いや、めちゃくちゃ長くなりそうなのでパート分けすることにしました。(僕は非常に貧弱なのでたいして長くなくても疲れて記事を2つ以上に分けてしまうかもしれません。僕の一つの記事の目安は1000字としています。どうでもいいか)

タイトルでは中高生に言いたいことと書きましたが、それ以上の人にも読んでもらいたい記事です。僕がこの1か月で大きく変わったすべてをここに吐き出そうと思います。といっても中高生向けの内容もあるので大学生以上の人はそこは読み飛ばしてください。

勉強だけで満足してはいけない

ご存知の通り僕は東大生で、中学高校で勉強を頑張ったから現役で東大に入れました。しかし、していることがあります。それは「勉強しかしてこなかったこと

本当に勉強しかしてきませんでした。恋愛もできませんでした。その結果臆病な人間になってしまいました。ここら辺の実情については別の記事で述べようと思います。

と書きましたが、僕がここで言いたいのは恋愛をしろ!ということではありません。別に恋愛をしなくてもいいです。最近気づきましたが恋愛すら時間の無駄だと感じるようになりました。(僕のことを気に入ってくれた女性の方のアプローチは受け入れますけどね(笑))だからとりあえず恋愛するというのもやめましょう。特別なメリットがない限り恋人はいるだけで精神的な負担になります。

つまり何を言いたいかというと勉強も大事だけどそれ以外にも大事なことを見つけなさいということ。例えば僕だったら昔からお金が好きだったのに、お金を貯める努力をし始めたのはここ最近です。22歳という年齢でも資産運用を考えるのは十分早いと思いますけどね。できればもうちょっと早く気づきたかった。皆さんも直近の大きな目標を立ててください。なんでもいいです。まずはそれに向けて努力(行動)しましょう。努力の仕方は別の記事ね(笑)

 

ということで今中高生の方は本当にラッキーです。僕は中高生のころにこんなことを教えてくれる人生の先輩に会いたかった。だから皆さんには後悔してほしくない。大事な学生生活をたった一つのことなんかで終わらせてほしくない(それで本当に満足できるならそれでよいですが)

 

スポンサードリンク

 

大人になったらやろうとか、大学入ったらやろうとかそういう言い訳をしているのは本当にもったいないです。僕だってお金があるわけではないですが、お金を使ってこのブログを立ち上げたりしています。要は「~だからできない」というような言い訳は無駄です。これは堀江貴文さん(ホリエモン)も言っています。だから、できることには限りがあってもその限界までとりあえずは頑張ってみるのです。高校生だからまだ早いとか考えている人は大学生の僕が手伝ってあげるから頑張りましょう。そういう環境も皆さんが望むなら僕は協力します。だから一歩踏み出してみてください。連絡先はsaisentan.toudaisei@gmail.comです。踏み出す準備ができた人から連絡してきてください。何をやりたいかだけでも書いてくれれば相談に乗ります。なんでもよいです。力の限り応援します。

ということでまた!今日は夜にもう1本記事を更新するよ!

スポンサードリンク

なぜ有料のブログにしたのか-時間を有効に使え!-

どうもこんにちは。

このブログの前身ブログでもなぜ有料のブログに乗り換えたのかという記事を書きましたが、他にも理由があるのでこの記事を書きます。

まず前身のブログというのは『東大生の激ヤバ事情』と検索すれば出てくるのでそちらをご覧ください。まずはそのブログの更新をやめてしまった経緯からお話ししましょう。

そのブログを始めたのは2月の下旬、僕がちょうど春休みだったころですね。その頃は時間もありブログを更新する暇がありました。しかし、4月に入って新しい生活が始まり(学校が始まり)、ブログを更新する暇がなくなりました。そのような理由からそのブログの更新頻度は圧倒的に落ちました。1か月に1回更新しないと勝手に変な広告が張られてしまうのでそれを防ぐためだけに更新しました。

ではなぜ今回僕は忙しいこの時期にわざわざお金を払ってブログを始めたのか?答えは忙しいからブログを始めたのです。一見矛盾しているように思えるかもしれません。しかし、忙しいからこそ何かを始めるのは実はよいことなのです。

忙しい時期に無理やり新しいことを始め、それを生活の中に組み込んでしまうと、その新しいことをやめる言い訳ができなくなってしまうからです。つまり、暇なときに新しいことを始めてしまうと忙しくなったら忙しさを理由にそれをやめてしまうということが多いです。一方、忙しいときに新しいことを始めるとそれ以上忙しくならない限り、忙しさを理由にやめることができない(やめる必要がなくなる)のです。

だから僕は忙しいこの時期にあえてお金を払って有料でブログを開設したのです。

僕にはブログの才能があるかわからない。もしかしたらイケダハヤトさんみたいな最高のブロガーになるかもしれないし、しょーもないブロガーになってしまうかもしれない。ただ、やってみないことにはわからない。無料ブログは本当にダメだということに気づいたので数千円の身銭を切って独自のブログを開きました。(なぜお金を払って独自ブログを開いたかは前のブログを見てください。おそらく納得できると思います。)

ということで皆さん、僕が新しくこのブログを始めた理由に納得は行きましたか?今、無料ブログをやっていてさらにそれを収益化したい人は早く無料ブログを卒業したほうが良いと思います。とりあえずお金がかかってもやってみる。それ以上のリターンが得られるかもしれないし、得られる確率のほうが大きいと思います。損しても数千円。

 

これはブログに限った話ではありません。高校生の皆さんにとっては数千円というのは割と大金かもしれませんが、若さというのはそれ以上に価値のあるものです。がんばって貯金して行動してください。僕はもっと早く、高校生くらいからこの考えができていたら今頃億万長者になっていたかもしれません。さすがにそれはないかもしれません。とにかく早く始めれば始めるほど良いのです。

抽象的な話になってしまいましたが、高校生の皆さんが具体的に何をすればよいかは後々書いていきます。