東大生が勉強の基本を教える

こんにちは。今回は初めて勉強法についての記事を書きます。東大生ということで受験勉強専門家としての立場から中学高校の勉強はどのような意味があるのか、どのような力をつけることが狙いとされているのか書いていこうと思います。非常に超大作になりそうなのでタイミングを見て更新していこうと思います。

最初に本質だけ言います。今回の僕の記事はこれについてしか言及しません。むしろ、このメッセージを受け取れた時点でこの記事を読む必要はなくなります。そのメッセージとは

勉強とは「慣れ」である

ということ。慣れてしまえばどんな問題も解けるということです。これを手を変え品を変え説明していきますね。

勉強のサイクル

まず、理想的な勉強のサイクルについてお伝えします。それは

予習→暗記→演習→予習→・・・

というサイクルです。言葉を変えると暗記は学校で教わることで演習が学校で教わることを復習するということです。つまり、学校の授業は内容を暗記する気持ちで臨んで、学校の宿題や自分で復習することで演習しようということです。ただ、演習(復習)は覚えるまで何回もやりましょう。数学の問題だったら何も見なくても数字を以下に変えられても問題を解けるというレベルになるまで繰り返し問題を解きましょう。問題を見て手が進まないときはあまり深く考え込まずに答えを見てしまいましょう。そして、しばらく時間がたったら自力で解けばよいのです。つまり、慣れるまでやれということです。まずは勉強のサイクルという点から勉強に慣れろということを伝えてみました。

答えは覚えてもいい

似たような話になります。僕は英語でも数学でも英語でもすべては暗記に通じていると考えています。暗記というか慣れですね。慣れるということは体が覚えてしまうということですからね。

よく暗記数学を批判する声がありますが、僕はその批判を批判したい。解法を覚えるということはRPGで便利な道具をゲットするのと同じです。便利な道具を使うとストーリーを攻略するのが早くなりますよね。いつまでも教科書に書いてあることだけという素手のみで戦い続けるのは効率が悪いです。良いショートカットととらえて数学なども全部暗記してしまいましょう。国語も暗記ですね。学校の定期テスト前に文章を何回か音読して暗記してしまえば穴埋め問題が解けるようになるだけでなく、国語の文章の流れが体に染みつく、つまり慣れる、というのが実感できると思います。

具体的な話になりすぎましたが、とにかく暗記科目でもそうでない科目でも問題と答えをセットで覚えてしまいましょう。問題というのはいつも似たような形式で出てくるものです。ある参考書で問題になっているのは他の参考書やテストでも同じような問題形式として出てくるということです。だから答えを覚えても全然大丈夫。むしろ、効率の良い勉強法なのです。

リズムを決める

DaiGoさんの著書『自分を操る超集中力』という本を読んだことがあります。この本についての詳しい書評は別の記事で書こうと思いますが、その本の中で、生活の中で決断をするとどんどん体力が減っていくそうです。だから、体力を減らさないように自分の生活リズムを決めて、生活を自動化していくことがリズム外の活動パフォーマンスを最大化するそうです。これを勉強に当てはめてみましょう。

朝起きたらターゲットの英単語を10個覚える。夜寝る前にチャート式の例題を1題解くというように自分の生活の一部をリズムを作って自動化してしまうのです。すると、それ以外の勉強時間のパフォーマンスが最大化されるということではないでしょうか。

世の中には様々な勉強法があふれていますが、心理学を用いた勉強法のアプローチはなかなかないでしょうか。皆さんはあまり本を読む時間がないと思うので、僕が代わりに読んで伝えてあげます。皆さんにも読んでほしい本があればお勧めしますけどね。

 

ということでこの記事はまだあまり長くありませんが、思いついたときに更新していきます。勉強法に関する質問があればぜひメールください。この記事に追加で書くかもしれません。アドレスは→saisentan.toudaisei@gmail.com

お待ちしています。

東大生が選ぶ本当に使えるアプリ15選

どうもこんにちは。ネットで検索をしていると「東大生 アプリ」という予測候補が出てきたので検索してみたら東大生が選ぶ使えるアプリ〇〇選みたいな記事があって、それを見たらバリバリ広告誘導型の記事で悲しくなってしまいました。あと、量が多い。多ければいいってもんじゃないですからね世の中。だから今回は東大生である僕が本当に使えると思うアプリを選ぼうと思います。僕は今から紹介するアプリの製作者から一銭ももらってません!もらったらこの記事を編集します!!!

ニュース

ニュースアプリは世の中の最先端の情報を手に入れるのに最適です。最先端東大生として絶対に外せないのがニュースアプリです。ということでブログタイトルの一部にもなっている最先端情報をつかむのに最も優れたアプリたちをご紹介します。

・NewsPicks

これは本当に外せません。僕が最近本当によく使っています。僕が毎日家を出て電車に乗るまでの道でずっと歩きスマホしながら見ています。この数十分が本当に大事です。僕は理系なのでテクノロジーの話をよく読んでいます。こういうところにビジネスの種が転がっていたりしますからね。

あと、このアプリの良いところは知識人の方々のニュースに対するコメントが読めるところですね。特に堀江貴文さんはよくコメントしています。ニュースだけではなく、そのニュースにコメントをしてさらに情報の価値を高めてくれている非常に素晴らしいアプリなのです。

・スマートニュース

このアプリは非常にポピュラーですね。NewsPicksは政治経済やテクノロジーなど非常に「堅い」ニュースが多いですが、スマートニュースは芸能記事や2chまとめなどもっと大衆寄りの記事が多いです。もちろん堅い記事もありますけどね。だから割とすんなり読めるアプリなのではないかと思います。レイアウトもポップでNewsPicksを使ってみてちょっとハードルが高いなと思った人はスマートニュースを入れてみるのが良いでしょう。グノシーも似ているのでグノシーでもよいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

・Marimba

2chまとめアプリです。2chまとめアプリはいろんなアプリがあって何が良いかわからないと思います。僕もどれが良いかはわかりませんが、このアプリを使っています。このアプリはITやライフハックといったジャンルごとに2chの記事を分けているので非常に見やすいです。このジャンル分け機能がおそらくほかの2chアプリにはないのでこのアプリをお勧めします。

・antenna

これってもとはサイトだったんですね。いろいろ便利な情報が流れてくるのですが一つのページに表示される情報の数が少ないのでたまに通知で出てくる情報をみてアプリを開くっていう感じです。

以上がニュース系のアプリです。正直ここまでで僕の伝えたいことはほとんど終わっているのですが、僕が普段使うアプリを紹介したいと思います。

ブラウザ

・Safari(iPhone用ブラウザ)

iPhoneでない方はすみません。僕はついこの間までGoogle Chromeを使っていました。軽いから本当に使っていたのですが、試験前にpdfファイルをChromeでずっと見ていました。するとiPhoneがめちゃくちゃ熱くなっていたのです。Chromeのせいでした。スマホが熱くなるということはスマホのシステムがビジー状態になるので、それだけ電池消費も激しくなります。だから、僕はChromeをやめて、iPhoneに標準搭載されているSafariを使うようになりました。電池消費も少ないし、動作も悪くないのですが、結構大きな難点が一つ。検索がしにくい。

皆さんはスマホのブラウザで検索をするときどのように検索していますか?僕はURL入力欄に検索ワードを入れて検索しているのですが、Safariは検索欄が細いのです。だから検索が非常にしづらい。また、ChromeはURL入力欄に検索ワードやURLの一部を入れると自動的に補完してくれる機能があるのですが、Safariにはありません。なので非常に悩んでいます。電池消費以外の機能に関してはChromeが勝っているのですが、電池消費というのはなかなか僕にとって大きな要素なんですよね。。。このChrome vs Safari戦争に終止符を打ってくれるアプリを探しています。ある方はぜひ教えてください。

・Opera Mini

恥ずかしながら、僕の親は過保護なのでついこの間までアクセス制限がかけられていました。でもDocomoのアクセス制限ってYahoo知恵袋とかまで制限がかけられてしまうんですよね。それを抜けるためにOpera Miniを使っていました。なんでも海外のサーバーを経由してブラウジングするのでアクセス制限にかからないんだとか。こんなアプリ紹介していいのかわからないけで一応紹介しておきますね。僕はアクセス制限の呪縛から逃れたのでアンインストールです。

SNS

・LINE

・Twitter

・Gmail

・Slack

どれも当たり前の公式アプリですが、使い勝手が良いですね。さすが優秀なエンジニアが集まって作っているだけあります。

娯楽

・Time Locker

これは一時期めちゃくちゃはまりました。本当に面白くて爽快感のあるアプリなのですが、全クリしたら飽きてしまいアンインストールしました。全クリするまでははまるのでぜひやってみてください。

・クラッシュロワイヤル

最近CMでよく見ますね。なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。戦略ゲーです。面白いのですが、僕にはセンスがないのでやめました。Youtubeのクラロワ配信者のきおきおさんが面白いのでゲームをやめた後も見ています。どうでもいいですね。

・MJ麻雀

これを紹介する意味はあるのでしょうか。麻雀のルールを知らない人はこんなアプリやらないだろうし、知っている人はこのアプリを当然知っているので紹介する意味ありませんね。

・ポケモンGO

皆さんどのくらいまでやりましたか?僕はレベル28です。結構やってるでしょ?カントー地方はすべてコンプして去年の暮れごろ飽きたのですが、ジョウトが追加されてちょっと復活しました。でも進化アイテムが出てくる確率があまりにも低くてやめてしまいました。僕というユーザを失ったアプリは非常につらいものがあると思いますよ。

・ツムツム

このゲームが累計プレイ時間が多い気がします。本当にはまっていました。僕といえばツムツムみたいな時期もありましたからね。それだけはまっていたのですが、なぜやめたのか。それはアプリのアイコンをタッチしてからゲームをプレイできるまでの時間が非常に長かったからです。これは本当にダメです。ディズニーだから権利関係でオープニング画面などを表示しないといけない決まりなどがあると思うんですけど、本当に面倒です。イライラしました。だから僕はこのゲームをやめてしまいました。内容は面白いんですけどね。余計な広告やおすすめを見て、消す時間が本当に無駄だと感じました。

 

このくらいですかね。スマホの用途としては主に情報をとる、連絡を取る、遊ぶというくらいのものなので、以上に挙げたアプリを入れておけば十分でしょう。これらのアプリがあれば僕とほとんど同じ生活を送れます。ぜひやってみてください。この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

スポンサードリンク

中高生のなりたい職業・・・時代は変わったね-東大生がニュースを斬る-

どうもこんにちは。先日、中学生、高校生がなりたい職業ランキングが発表されて話題となっていましたね。

中学生男子のなりたい職業第3位がYoutuberなどの動画クリエイターだということが注目されていましたね。女子については意外と昔と変わってないなという印象を受けましたが、男子は結構変わりましたね。僕が今回注目したいのは第1位のITエンジニアです。僕の中学生時代では考えられない事態です。

僕は今でこそ大学でITについて学んでいるのですが、大学に入るまでプログラミングって何?プログラマー?ITエンジニア?って感じでした。というよりこのような単語すら知らなかった気がします。そして、大学1年生の授業でプログラミングを生まれて初めてやって、「なんだこれ!?面白!?」っていう感想を抱いたのが僕のITエンジニア人生の第一歩です。まだエンジニアになっていませんけどね。

こんなような状況だったので中学生や高校生がITエンジニアになりたいなんて考える時代が来るなんて思ってもみませんでした。僕が大学に入ったのは数年前ですが、たった数年で時代って結構大きく変わるもんですね。今の子供たちはだいぶITに漬かってきたのだと思います。

高度情報化社会が浸透してきて、ITエンジニアという職業の認知度が上がってきたとはいえ、なぜ中高生がそこまでITエンジニアにあこがれるのでしょうか?結構考えたのですがなかなか理解できません。ネットで検索してみたのですが、僕と同じような疑問を持って解決できていない大人もいました。僕なりにがんばって考えてみたのでそれを書こうと思います。考えたところでどうにもならないんですけどね(笑)

・人工知能の広まり

マイクロソフトの人工知能「りんな」やソフトバンクの「Pepper」など。人工知能を搭載して人間とコミュニケーションをとるロボットというのが広まってきました。このような人工知能が身近になってきたことで中高生たちが自分たちもこんなものを作ってみたいという知的好奇心が刺激されてITエンジニアという答えになったのかもしれません。これが僕の考えた一つの理由です。

また、人工知能が我々の仕事を奪っていくという議論はもういたるところで見るようになりましたね。「人工知能!怖い!でも人工知能を作る側の仕事はなくならないんじゃないか!」という考えでITエンジニアを志す中高生も多いのではないのでしょうか。これも推測ですけどね。コンビニ店員などの単純作業で済まされる仕事はどんどんロボットに取って代わられます。ただ、人工知能を作るITエンジニアの仕事もいずれ奪われていくことが予測されます。そのような世の中になったら我々はどう生きるべきか。それについてはのちの記事で考察しますね。

というように人工知能によるところが多いのではないでしょうか?

もっと要因があるかなーと思いましたが、他に思い浮かびませんでした。というかこんな理由考えるより直接聞いたほうが早いですよね。ということでITエンジニアを志す中学生、高校生の皆さん、なぜあなたはITエンジニアになりたいのかを書いてメールを送ってください(saisentan.toudaisei@gmail.com)お待ちしております。