googleマップが新機能「交通状況」を追加した件

どうもこんにちは。今日は皆さんもよくお世話になっているであろうグーグルマップについてです。

スマホ版のグーグルマップに交通状況という新機能が追加されました。この機能の内容は、広い道路の自動車の混雑状況を色で示してくれるという機能です。

これまでカーナビにそのような機能がついていましたが、グーグルマップのナビを利用して運転している人にとっては便利な機能なのではないでしょうか。いやーグーグルさんは本当に他の企業を潰しにかかりますね笑 これでカーナビ会社はもうすぐ全滅してしまうでしょう。だってグーグルマップで十分だもん笑

この混雑状況はどのようにして実現されているのか?僕なりに考察して見ました。

グーグルマップに限らず普通のカーナビの渋滞情報も同じだと思うんですけど、スマホのスピードを感知して、車に乗っていると判断されているスマホが多くあればあるほどその道が赤く表示されるということなのでしょう。

ただ、グーグルマップでの交通状況は若干弱点があるのではないかと考えています。それは同じ車に何人乗っているかわからない点。要は一つの車にスマホを持っている人が9人乗っている場合と、一つの車にスマホを持っている人が一人しかおらず、そのような車が9台並んでいる場合を区別できるのかということです。前者は全く混雑にはなりませんが、後者は道幅によっては混雑だと言えるでしょう。

このことをまだグーグルは解決できていないんじゃないかと思います。普通に難しいですよね。同じ常にスピードで動くスマホは同じ車に乗っているという判定をすれば良いのでしょうけど、GPSの精度はまだそこまでよくないから速度を計算して同乗者が何人かを判別するのは難しいと思います。むしろ、その技術だけで十分すごいものだと思います。

一方、カーナビは一つの車に一つしかありません。だからカーナビの混雑状況はある程度正確だと言えます。先ほどグーグルマップがあれば十分と言いましたが、この点に関してはまだカーナビの方が優っているのでしょう。もしかしたら、グーグルがカーナビ会社の首根っこを掴んで「おいこら、混雑状況の情報を渡せこら」と言っていれば話は別ですがね・・・

ちなみにグーグルである施設(例えば渋谷駅)を検索すると1日のうちにどの時間帯が混んでいるのかというグラフを見たことがあると思いますが、それと同じ原理なのでしょう。

こんな感じでグーグルはスマホの特性を生かして次々に新しい機能を生み出しています。これからもグーグルが発明する生活を豊かにするアイデアに期待しておきましょう。

変わりたいと願うあなたへ。「行動力の鬼」堀江貴文氏の名著を送ります

みなさんこんにちは。今日は本の紹介です。というよりホリエモンの生き方の紹介です。

多かれ少なかれ自分を変えたいという欲望はあると思います。ただ、なかなか変わることができない。

ダイエットをしたい

好きなことで生きていきたい

ナンパしたい

などなど。人の欲望って大体「モテる、儲ける」につながっていることが大きいですよね。このような欲望は誰にでもあると思います。僕にだってあります。

でもその欲望を満たすために実際に行動におこせる人は少ない。自分でやりたいことをやっていきていきたいけど、会社を辞める勇気はない。とかダイエットをしたいけどすぐに飽きてしまうとか。ナンパしたいけど女の子に声をかける勇気がないということが多いと思います。わかります。本当にわかります。

この勇気というのは割とキーワードだと思うのですが、堀江さんに言わせてみれば「〜だからできない」という言い訳は本当に時間の無駄だそうです。そういう言い訳を考える前に行動してみる。それが堀江さんの信条というか生き様らしいですね。

何かを考えてから行動に移すのではなく、何かを考える前に行動に移す。そうすることで行動力はグッと上がるらしいですね。

ダイエットだったら「雨だから外で走れない」とか言い訳を考えずに、本能的に「雨に濡れたくないから筋トレをする」というように行動に移すこと。

好きなことをしたいのだったら「会社を辞めたら安定がなくなる」と考えずに「とりあえず稼げなくてもいいから好きなことをやってみる」とか「とりあえず会社を辞めちゃう」とか考えずに行動すること。

モテたいのだったら「自分は顔が悪いからナンパしても無駄だ」ではなく「とりあえずそこらへんの女の子に声をかけてみる」というように行動すること。

 

というのが堀江さん流の正解っぽいですね。というより僕が堀江さんの本を読んで導き出した正解です。ただ、こんなことなかなかできないですよね。何が難しいかというと「考える前に行動する」

人間というのは根拠がないと行動をなかなかできない生き物です。だからいきなり行動するのは不安だし、気力が起こらないのです。だから僕は堀江さんほど行動力はつけられないかもしれないけど少しずつ行動力をつけられる方法を考えました。それが

スモールステップ行動計画

です。何か最終的な目標があるにしてもただ闇雲にその目標を目指すのではなく、最終目標までの過程に小さな目標を大量に作る。そしてその小さな目標を一歩一歩超えて行く。することで行動を成功させた体験が積み重なり、行動力が上がるという方法です。

例えば、ナンパをするということを考えてみましょう。最終目標は「ナンパを成功させる」こと。このためには様々なステップを組むことができます。自分の現状と比較をしてどこから小さな目標を立てれば良いか考えて見てください。僕が考えたスモールステップは以下の通りになります。

「女の子のいるコミュニティ(サークル、バイト、オフ会など)に参加する」

「そのコミュニティにいる女の子の近くに行く」

「その子と同じ会話の輪に入る」

「女の子の発言に反応したり、自分の発言に女の子が反応するようにする」

「女の子に質問したり、1対1の会話をしてみる(輪の中で)」

「輪の外で女の子と1対1で話をしてみる」

「そのコミュニティの他の女の子と同じステップで1対1で話をする」

「女の子と仲良くなる方法を体得する」

ここまでがまず、中高一貫男子校6年間そして東大理一に入学した人生破滅オタクが踏むべきスモールステップです。ここまできたら彼女くらいはできるのではないでしょうか。

「道ゆく男性に声をかけてみる(挨拶、道を聞く、親切にする)」

「道ゆく女性に声をかけてみる(挨拶、道を聞く、親切にする)」

「道ゆく女性に声をかけたついでに雑談をする」

「雑談ついてにお茶をする」

「連絡先を聞く」

ここまでくればナンパ成功ですね!このくらいスモールステップを踏むのが大事です。飛ばせるステップはどんどん飛ばしちゃって構いません。その方が目標にたどり着くまでの時間が減りますからね。

今上にあげたステップは全部で13個。1つあたり1週間でやったとしても全部で3ヶ月くらいしかかかりません。今から始めれば男子校から東大に入ってしまった悲しい男子たちも夏にビーチで美女をナンパできますよ!

これが僕が考えたスモールステップ行動計画の全容です。正直堀江さんの話からは若干ずれてしまいましたが、堀江さんほどの行動力を最終目標にするならば、スモールステップ行動計画がまさに堀江さんという目標までのスモールステップなのですね!ということでぜひ行動力を磨くために実践してみてください。とりあえず堀江さんの本を読むだけでもマインド的に行動力が磨かれますよ。


本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

アプリ「hooked」Youtubeの広告で気になったので東大生がやってみた!

どうもこんにちは。今日は東大生によるアプリの紹介です。

Youtubeでこんな広告見たことありませんか?

父「窓の外を見てごらん。男が立っているだろう?」

娘「ええ。いるわ。でも今家にいないお父さんはなんで知っているの」

父「いいからその男から目を絶対に離すな!」

娘「ちょっとどういうこと!」

・・・みたいなやつです。なんかすごく怖いけど続きがきになるというやつです。気になったのでアプリをインストールして見ました。今日はその紹介をします。

広告を見たことのある方はわかると思うのですが、LINEみたいなチャット形式で物語が進行して行くUIですね。タップすると次々にセリフが出てきて非常にリズミカルに物語を読むことができます。

このLINE形式の物語っていうのは新しいですよね。今までのケータイ小説なんかも結局は縦書きで会話はカギカッコみたいなのが多かったじゃないですか。でも最近ってあんまりそういう小説読まない人多いですよね。ケータイ小説も結構廃れてきた気がしますし。

でも携帯で小説、物語を読みたいという人はいつの時代でもある程度いるものです。そして、スマホといったらLINE。じゃあその形式に合わせた小説のようなものを作ろう!という着眼点が良いですよね。その方が目が慣れてますし。ここは素直に賞賛します。

ということでこのアプリは非常に読みやすいのと、話も結構面白いのが特徴です。Youtubeの広告になっている話も面白かったですね。

とは言ってみたものの、その話すら未だに全部読むことができていません!それは「このアプリ、無料であんまり読めない」からなのです。

僕はアプリに課金はしない派なので今回も無料で読める範囲を読もうと思っていました。というか全て読める代わりに広告でもくっついてくるのかなと思っていました。

しかし、このアプリ、広告はありません。その代わりに無料で読める範囲が限られています。ある程度の話を読むと「フーツ」という聞いたことのないポイントみたいなのがなくなって、それを回復させないと読めないのです。

そのフーツを回復させる方法は二つ。一つは時間が経つのを待つか、もう一つは課金かです。時間は1度フーツが切れたら40分くらいです。長いですよね。一方課金は

1週間プランで週360円

1ヶ月プランで月960円

1年プランで年4800円

というようになっています。課金をするとフーツがどうのこうの関係なく無制限に小説を読めます。

ということでこの「hooked」コンテンツとしては非常に面白いし、読みやすさも結構あるのですが、課金要素がちょっと強いかなという感じがします。ここまでのクオリティを保つのはなかなかコストがかかるからしょうがない点もありますがね。個人的には広告出してもいいからもうちょっと無料で楽しめるようにして欲しいところです。

あと、自分でhookedに小説を投稿することもできるらしいですね。お金がもらえるかはわかりませんが、今のうちに良質なコンテンツを投稿しておいて、後でこのアプリがバズったらなかなかの儲けになりそうですけどね。

ということで小説が好きな皆さん、ぜひ使って見てください!