中高生のなりたい職業・・・時代は変わったね-東大生がニュースを斬る-

どうもこんにちは。先日、中学生、高校生がなりたい職業ランキングが発表されて話題となっていましたね。

中学生男子のなりたい職業第3位がYoutuberなどの動画クリエイターだということが注目されていましたね。女子については意外と昔と変わってないなという印象を受けましたが、男子は結構変わりましたね。僕が今回注目したいのは第1位のITエンジニアです。僕の中学生時代では考えられない事態です。

僕は今でこそ大学でITについて学んでいるのですが、大学に入るまでプログラミングって何?プログラマー?ITエンジニア?って感じでした。というよりこのような単語すら知らなかった気がします。そして、大学1年生の授業でプログラミングを生まれて初めてやって、「なんだこれ!?面白!?」っていう感想を抱いたのが僕のITエンジニア人生の第一歩です。まだエンジニアになっていませんけどね。

こんなような状況だったので中学生や高校生がITエンジニアになりたいなんて考える時代が来るなんて思ってもみませんでした。僕が大学に入ったのは数年前ですが、たった数年で時代って結構大きく変わるもんですね。今の子供たちはだいぶITに漬かってきたのだと思います。

高度情報化社会が浸透してきて、ITエンジニアという職業の認知度が上がってきたとはいえ、なぜ中高生がそこまでITエンジニアにあこがれるのでしょうか?結構考えたのですがなかなか理解できません。ネットで検索してみたのですが、僕と同じような疑問を持って解決できていない大人もいました。僕なりにがんばって考えてみたのでそれを書こうと思います。考えたところでどうにもならないんですけどね(笑)

・人工知能の広まり

マイクロソフトの人工知能「りんな」やソフトバンクの「Pepper」など。人工知能を搭載して人間とコミュニケーションをとるロボットというのが広まってきました。このような人工知能が身近になってきたことで中高生たちが自分たちもこんなものを作ってみたいという知的好奇心が刺激されてITエンジニアという答えになったのかもしれません。これが僕の考えた一つの理由です。

また、人工知能が我々の仕事を奪っていくという議論はもういたるところで見るようになりましたね。「人工知能!怖い!でも人工知能を作る側の仕事はなくならないんじゃないか!」という考えでITエンジニアを志す中高生も多いのではないのでしょうか。これも推測ですけどね。コンビニ店員などの単純作業で済まされる仕事はどんどんロボットに取って代わられます。ただ、人工知能を作るITエンジニアの仕事もいずれ奪われていくことが予測されます。そのような世の中になったら我々はどう生きるべきか。それについてはのちの記事で考察しますね。

というように人工知能によるところが多いのではないでしょうか?

もっと要因があるかなーと思いましたが、他に思い浮かびませんでした。というかこんな理由考えるより直接聞いたほうが早いですよね。ということでITエンジニアを志す中学生、高校生の皆さん、なぜあなたはITエンジニアになりたいのかを書いてメールを送ってください(saisentan.toudaisei@gmail.com)お待ちしております。

東大生流目的達成の仕方-モテる方法-

どうもこんにちは。今日はこんな記事を見つけたので紹介しようと思います(見つけたのは昨日なんですけどね)

KPIはもう古い!Googleも採用する『OKR』が目標達成に聞く理由。

タイトルだけ見ても何のことかわかりませんよね?僕もKPIとかOKRってなんだよって感じでした。簡単に言うとGoogleでは何か目標を立てたらOKRっていう方法で目標を達成するのですが、OKRというのは最終的な目標はできるだけハードルを高くして、その目標を達成するための要素(結果)を4つにわける。ただし、その4つの要素のハードルはできるだけ小さくする。みたいな話です。そうすると大きな組織の中で仕事をできるだけ細分化して、その全体像をみんなで共有することで各部門がやることが明確化されて連携も取りやすいらしいです。

といっても関係ないなと思う人が多いと思うので、これを日常生活で実践することについて考えてみます。タイトルにもありますが、モテるための自分磨きにもこれを応用することができると思います。今よりモテるようになりたいと思わない人はほとんどいませんよね?なので、モテるために何をすべきかということを東大生が本気で構造的に考えてみました。今回はOKRにしたがってプロセスを書いていきます。

まず、最終的な目標は「モテるようになること」ですね。もうちょっと具体的にこのことを言いかえるならば「恋人を作る」とかですかね。ざっくり言うならば「魅力的な人間になる」ということです。この目標のための要素を3つ書きます。

・今より10kgやせる(僕の場合です)

・コミュニケーション能力を鍛える

・月8万稼ぐ

さらにこれらの要素をさらに分割していくのです。まず、「10㎏やせるという目標に対しては」

・毎朝1kmランニングする

・朝4:昼4:夜2の食生活に改善する

・夜寝る前に筋トレを10分する

というようにダイエットという目標の中で何をすればよいかを細分化するのです。これをさらに分割できるものは分割してもよいですね。

次に「コミュニケーション能力を鍛える」ためには何をすればよいのか

・1日1人は知らない人に話しかける

・1日3個誰かに話したいネタを見つけてそれをメモする

・1日1回誰かのためになるようなことをする

みたいな感じですかね。コミュニケーション能力が著しく低い私にはそもそもコミュニケーション能力を鍛える方法が分かりません。

最後に1か月に8万稼ぐために

・個別指導で月2万円稼ぐ

・家庭教師で月4万円稼ぐ

・ブログで月2万円稼ぐ

というような感じですかね。具体的な収入の内訳を書くとはっきりしてくるかもしれませんね。サラリーマンのような収入口が一つしかない場合はあまり考えなくてもよいでしょう。

というようにモテるというのを例に出しましたが、今回伝えたかったことはOKRを実践してみよう!ということです。皆さんのOKRの題材を知りたいので、もし実践しようというのがあればメールで送ってください→saisentan.toudaisei@gmail.com

それではまた!

LINEみどりくじ・・・すごいビジネスモデルだ-東大生がニュースを斬る-

どうも皆さんこんにちは。今日からスタートしたLINEみどりくじ。LINEをやっている皆さんならさすがに1通は来てますよね?

送る側も送られる側も損はしないため、僕のところにもめちゃくちゃいっぱい来ました。いろんな人の話を聞いたところ、最初の一回は誰でも100円が当たるようになっているようですね。

このキャンペーンはそもそも何を目的としたものかというと、LINEのサービスの一つである「LINE Pay」のプロモーション活動の一環らしいですね。くじをあけて、当たったらLINE Payの口座に入金されるのですが、LINE Payに登録しないと最初の100円をもらうことができない。せっかくお金をもらえるんだったら登録しなきゃ損という消費者の心理をくすぐって登録者数を増やそうというテクニックです。最近はやってきている仮想通過ブームの流れにLINEも乗ろうとしているのでしょう。

僕もこのキャンペーンがきっかけでLINE Payに登録してしまった人の一人です。なのでLINE Payについてどんな特徴があるのか?どんな利点があるのか調べてみました。

公式サイトに書いてあるLINE Payの特徴は以下の通り

・友達などに簡単に送金できる。

・銀行から簡単チャージ

・特別優待がある

おそらく最大の利点は簡単に送金できるというところでしょう。ビットコインなどの仮想通貨の特徴として国内外を問わず送金が簡単だという特徴がよく取りざたされていますね。送金が簡単だということはそこに人的コストがかからないということなので振込手数料などが低くなる、場合によっては手数料が無料になるというのが非常に魅力的です。LINE Payの場合は手数料についてはわかりません。(わかりやすいところには書いてなかった。書いてないということはおそらく手数料がかかるのですが、そんなに高くないでしょう)

手数料が安いという利点のみならず、通常銀行で振込をする場合はATMにわざわざ足を運ばなくてはならず、非常に面倒です。ネットバンキングを利用したとしても相手の口座番号や、名義を入力するのがやや面倒ですね。(ネットバンキングはそこまで面倒ではないですが(笑))

一方、仮想通貨の良いところは送金が簡単なところですね。わざわざATMに行かなくてもいいし、送金も簡単らしいです(送金したことがないのでわかりません。ごめんなさい)だから仮想通貨のシステムがこれからどんどん流行っていって、大手銀行の事務員の数も減っていくのではないでしょうか。

また、LINE Payは仮想通貨の送金よりももっと簡単っぽいです。要は口座番号とか気にすることなく、LINEのアカウントで友達になっていればお金を送れるのですから簡単なことこの上ないですね。大好きなあの子に貢ぐのももっと簡単に!

ということで送金があらゆる金融サービスの中で一番簡単になるのがLINE Payなのではないでしょうか。そこが魅力なのでしょう。そして、今回のみどりくじキャンペーンでLINE Payに登録する人がいっぱいいれば多くの人にネット上で送金できるようになりますね。登録しちゃったしこれから使っていこうかな。友達と遊びに行ったときに割り勘するのが便利っていうのもよいところです。

そのほかの二つはまあそこまでって感じですね。特別優待に関してはこれから使える店舗が増えていけば魅力的になっていくのでしょう。

ということで最後のほうは話が適当になってしまいましたが(笑)とにかくLINE Payは送金が簡単ということですね。タイミングがあればこれから使っていこうと思います。ただ、みんなが使わないとあまり使えるタイミングはないんじゃないのではって感じです。