最も簡単に誰でもオシャレになる方法

どうもこんにちは。今日はみなさんがとても興味のありそうな話をします。それは

おしゃれになる方法

です。永遠のテーマですよね。もし今よりも自分がオシャレだったら彼女ができたんじゃないか、他人ともっと円滑なコミュニケーションを取れるのではないか、色々なことを考えますよね。つまり、オシャレになると自信がつきます、僕自身も今日紹介する方法を実践してみて、鏡に映る自分を見て自信を持ちました。

そもそも人の外見の大半って洋服なんですよね。もちろん顔も外見では非常に大きなウェイトを占めていますが、面積的に言えば人の外見のほとんどは洋服になるのです。つまり、ファッションを攻略すれば外見が圧倒的に良くなるというのは間違い無いでしょう。

では実際にどのようにおしゃれになるのか。それは最後に紹介する本に全て書いてあります。最初にタイトルだけ言っておくと「最速でおしゃれに見える方法」(MB)です。この本はタイトルの通り読むだけで圧倒的にオシャレになります。正直、この本を読んでから自分よりおしゃれな東大生はほとんどいなくなりました。

この本を読むだけで最速でオシャレになれる。その理由を今から説明します。

まず、この本は非常に論理的に書かれています。おしゃれ初心者の皆さんはおそらく「おしゃれはセンスの賜物」の考えている人が多いでしょう。この本はまずその前提をぶっ壊してくれます。すがすがしいくらいにね。

論理的な部分についてちょっとだけ説明しておきます。実際に本を手にとって論理的な説明と写真を結び付けないと意味がないのでこの説明だけではおしゃれにはなれません。

MBさんがいうにはおしゃれというのは「ドレスとカジュアルのバランス」らしいです。ドレスというのはスーツのようなカチッとした服。一方カジュアルというのはジーンズのようなゆる〜いもの。全身ジーンズみたいな人は全部がカジュアルに寄ってしまい、バランスが取れていないためオシャレには見えないらしいです。

というようにどのようにすれば、どのようなアイテムを身につければドレスによっていくのかなど非常にわかりやすく書かれています。

この本はおしゃれを完全に言語化しているのでファッション誌をただ漠然と眺めるよりも圧倒的に勉強になります。この本を読んでファッション誌を読むと、このモデルはこういうところでバランスをとっているのだな、だからオシャレに見えるんだなというように冷静に分析できるようになります。

実際に街を歩いている人を分析することもできるようになります。めちゃくちゃゴリ押しみたいな文章になってしまいましたが、この本は東大生の僕がゴリ押ししたくなるくらい名著です。オシャレに自信のない諸君、騙されたと思ってこの本を読んでみてください。

 

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】 (SPA!BOOKS)

読書のプロ齋藤孝から学ぶ「速読力」

みなさんこんにちは。今日は読書についてです。

誰しも文章を早く読みたいと思いますよね。読書が好きな人もそういう願望があると思いますし、大学入試の英語や国語の長文だって速く読める方が考える時間が増えて正答率も上がるでしょう。今日はそんな本を速く読みたい、速読力をあげたいと考えている皆さんに一冊を送ります。

著者はみなさんご存知齋藤孝先生です。

なんでも齋藤孝先生は1時間で読んだことのない2冊の本を公でレビューすることができるという速読力とコメント力があります。我々がその領域に達するのは少々時間がかかりますが、そのエッセンスは著書『齋藤孝の速読術』で紹介されています。

実に内容は多岐に渡るのですが、今回はその一部を紹介しましょう。なかなか普通の人にとってはとんでもないような速読法が書かれているので私も少し戸惑いました。それは

読んだ本の内容は2割程度残れば良いというものです。我々は普通本を読もうとするとなるべく全てのことを吸収しようとします。それが自然な考え方なのですが、齋藤孝先生は違います。我々が普段行なっている読書の5倍以上のスピードで読書をし、そのうちの2割程度を頭に残しているのです。

ちょっと計算してみましょうか。我々が普段1冊の本を読むのにかかる時間が1時間だったとしましょう。(これはなかなか早いですが)それで全部内容は頭に入っている。

一方斎藤先生は1冊の本を読むのに12分かかるとします。ただ、読むスピードが5倍になるので単純計算で頭に残る量は2割です。

ここまで読んだみなさんは、自分の読み方と斎藤先生の読み方の効率は変わらないと考えるでしょう。でも実は違います。

斎藤先生が言うには本の内容の8割は全体のうちの2割に収まっていると言うことです。つまり、重要な2割さえ頭に残ってしまえば、その本の8割を吸収したと言うことができるのです。

したがって、1冊を12分で読む斎藤先生は私たちの4倍の効率で本を読んでいる計算になります。

というように我々が普段1行1行本を読んでいるのが無意味に思えてくる。つまり読書観を変えさせられる奇跡の読書術です。

私はこの本を読んでから読書効率が圧倒的に上がりました。まだ斎藤先生ほどではありませんが、なかなかのスピードになりました。軽い本なら本屋で15分くらい立ち読みするだけで吸収できるようになりました。(買えよ)

というように読書において劇的成長を遂げられる本なので是非読んでみてください。

 


齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)

変わりたいと願うあなたへ。「行動力の鬼」堀江貴文氏の名著を送ります

みなさんこんにちは。今日は本の紹介です。というよりホリエモンの生き方の紹介です。

多かれ少なかれ自分を変えたいという欲望はあると思います。ただ、なかなか変わることができない。

ダイエットをしたい

好きなことで生きていきたい

ナンパしたい

などなど。人の欲望って大体「モテる、儲ける」につながっていることが大きいですよね。このような欲望は誰にでもあると思います。僕にだってあります。

でもその欲望を満たすために実際に行動におこせる人は少ない。自分でやりたいことをやっていきていきたいけど、会社を辞める勇気はない。とかダイエットをしたいけどすぐに飽きてしまうとか。ナンパしたいけど女の子に声をかける勇気がないということが多いと思います。わかります。本当にわかります。

この勇気というのは割とキーワードだと思うのですが、堀江さんに言わせてみれば「〜だからできない」という言い訳は本当に時間の無駄だそうです。そういう言い訳を考える前に行動してみる。それが堀江さんの信条というか生き様らしいですね。

何かを考えてから行動に移すのではなく、何かを考える前に行動に移す。そうすることで行動力はグッと上がるらしいですね。

ダイエットだったら「雨だから外で走れない」とか言い訳を考えずに、本能的に「雨に濡れたくないから筋トレをする」というように行動に移すこと。

好きなことをしたいのだったら「会社を辞めたら安定がなくなる」と考えずに「とりあえず稼げなくてもいいから好きなことをやってみる」とか「とりあえず会社を辞めちゃう」とか考えずに行動すること。

モテたいのだったら「自分は顔が悪いからナンパしても無駄だ」ではなく「とりあえずそこらへんの女の子に声をかけてみる」というように行動すること。

 

というのが堀江さん流の正解っぽいですね。というより僕が堀江さんの本を読んで導き出した正解です。ただ、こんなことなかなかできないですよね。何が難しいかというと「考える前に行動する」

人間というのは根拠がないと行動をなかなかできない生き物です。だからいきなり行動するのは不安だし、気力が起こらないのです。だから僕は堀江さんほど行動力はつけられないかもしれないけど少しずつ行動力をつけられる方法を考えました。それが

スモールステップ行動計画

です。何か最終的な目標があるにしてもただ闇雲にその目標を目指すのではなく、最終目標までの過程に小さな目標を大量に作る。そしてその小さな目標を一歩一歩超えて行く。することで行動を成功させた体験が積み重なり、行動力が上がるという方法です。

例えば、ナンパをするということを考えてみましょう。最終目標は「ナンパを成功させる」こと。このためには様々なステップを組むことができます。自分の現状と比較をしてどこから小さな目標を立てれば良いか考えて見てください。僕が考えたスモールステップは以下の通りになります。

「女の子のいるコミュニティ(サークル、バイト、オフ会など)に参加する」

「そのコミュニティにいる女の子の近くに行く」

「その子と同じ会話の輪に入る」

「女の子の発言に反応したり、自分の発言に女の子が反応するようにする」

「女の子に質問したり、1対1の会話をしてみる(輪の中で)」

「輪の外で女の子と1対1で話をしてみる」

「そのコミュニティの他の女の子と同じステップで1対1で話をする」

「女の子と仲良くなる方法を体得する」

ここまでがまず、中高一貫男子校6年間そして東大理一に入学した人生破滅オタクが踏むべきスモールステップです。ここまできたら彼女くらいはできるのではないでしょうか。

「道ゆく男性に声をかけてみる(挨拶、道を聞く、親切にする)」

「道ゆく女性に声をかけてみる(挨拶、道を聞く、親切にする)」

「道ゆく女性に声をかけたついでに雑談をする」

「雑談ついてにお茶をする」

「連絡先を聞く」

ここまでくればナンパ成功ですね!このくらいスモールステップを踏むのが大事です。飛ばせるステップはどんどん飛ばしちゃって構いません。その方が目標にたどり着くまでの時間が減りますからね。

今上にあげたステップは全部で13個。1つあたり1週間でやったとしても全部で3ヶ月くらいしかかかりません。今から始めれば男子校から東大に入ってしまった悲しい男子たちも夏にビーチで美女をナンパできますよ!

これが僕が考えたスモールステップ行動計画の全容です。正直堀江さんの話からは若干ずれてしまいましたが、堀江さんほどの行動力を最終目標にするならば、スモールステップ行動計画がまさに堀江さんという目標までのスモールステップなのですね!ということでぜひ行動力を磨くために実践してみてください。とりあえず堀江さんの本を読むだけでもマインド的に行動力が磨かれますよ。


本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)