近い将来、大学生のバイト事情はガラッと変わると思う-東大生が考える未来-

どうもこんにちは。今日はちょっと将来について考えてみました。

昨今、将来機械に奪われる仕事リストのようなものをよく見ますね。そこに書いて仕事は単純作業のものばかり。つまり、アルバイトが多いものから将来的に奪われていくということになります。

ということは、今大学生がよくやっているアルバイトも将来的にはできなくなるかもしれない。この記事を読んでいるのはどのような年齢層の人かわかりませんが、中学生以下の人たちは絶対気にしておいた方が良いと思います。考え方と行動次第ではバイトだけでめちゃくちゃ稼ぐことができる未来になっているかもしれませんからね。

まず、今の大学生はどのようなアルバイトをしている人が多いのか調査しようと「大学生 バイト ランキング」で検索したのですが、大学生がやってみたいバイトとかいうくそしょうもないランキングが多くヒットしたのでやめました。やってみたいバイトってなんだよ。やりたいならやれよって感じですね。

ということで自分で周りの大学生はどのようなバイトをしているのか考えて見ました。

まず一つ目!カフェです!スタバで働いているとステータスになるらしいですね!時給は安いらしいですが。

そんなカフェですが、今後数年のうちにどんどん人間の働く領域が減っていくと思います。むしろ減らしていかないカフェはどんどん競争に負けていくと思います。

だってお客さんが入り口で飲みたいもの選択して発券して、商品ができたらカウンターから出せば良いじゃん、いちいちレジ必要ないじゃん。ということで、これがどんどん導入されていけばカフェで働くことができる人は減りますね。そうすると人件費の節約にもなり、企業はもっと儲けられます。最高じゃん。ということで中学生、小学生、高校生の皆さん。近い将来、カフェでバイトをすることはできなくなります。

 

次に多いのが学習塾・家庭教師ですね。これは生徒一人一人のペースに合わせたり、人と人とのコミュニケーションが重要になってくるので、このバイトは生き残るんじゃないかと思います。でもそもそも学習塾のバイトをするには頭の良さか、コミュニケーション能力の高さが要求されます。どちらかを磨いておきましょう。個人的にはコミュニケーション能力の方が大事な気がします。

でも、だからといって学習塾の未来が明るいというわけではありません。東進ハイスクールをはじめとして映像授業を導入することにより、優秀な先生の授業をいつでもどこでも見られるようになってきています。これが進めば、授業力のない先生はどんどん淘汰されていき、本当に教えるのが上手な先生しか生き残れなくなります。ましてや、バイトなんていらなくなるかもしれませんね。

ということで勉強系アルバイトはカフェよりかは生き残ると思いますが、将来的には雇用は減っていくでしょう。

他にはスーパーのレジ打ちとか映画館とかがありますかね。これらもどんどん減っていくでしょう。

 

ここまで読んできた皆さんならば、将来的に(大学生になったら)バイトをすることができなくなってしまうかもしれません。バイト代で友達や彼女と遊ぶなんてことができなくなるかもしれませんよね。今よりもっと個人としての能力がないと稼ぐことができない時代になっていくのは必至です。では、どうやっていきていけば良いのか。それを伝授します。

先ほど機械によって仕事を奪われていくということを説明しましたが、それと同時に新しい働き方も出てきています。その代表例がYoutuber。Youtuberなんて職業は数年前まで使われていませんでしたよね。しかし、最近になってめちゃくちゃ使われるようになった。トップでは数億円を毎年稼ぐことができるようで、バイト感覚というより、普通に一生暮らせるくらいの大金を手にすることも可能なようです。

そうです。機械によって仕事を奪われるのと同時に人々はどんどん新しい仕事を生み出しているのです。そして、その新しい仕事に最初に乗っかれた人が大富豪になれるという構図です。

以前、HIKAKINさんの話をしましたよね。彼は飛び抜けた才能があるわけでもないのにYoutuberとして日本のトップを取った。これは彼が早い時期からYoutubeに目をつけていて、そこでトップを取り、Youtube自体も盛り上がってきたため結果として年収数億円の人間になった。

つまり、早く乗れば乗ったもんがちなのです。だから皆さんは消えてゆくアルバイトに目を向けるのではなく、これから新しく生まれてくるであろう仕事に目を向けてほしい。アルバイトくらいの金だったら誰でもYoutubeで稼げると思うのです。

でも大学生になっていきなりYoutube始めるぞ!といっても最初はなかなかお金が入らない。ほとんど入ってこないと思います。ですから中学生、高校生の皆さんには積極的に今からYoutubeに動画投稿をしてみてほしい。うまくいけば学生でも大金を手に入れられるかもしれない。うまくいかなければお金を稼ぐことの大切さを学ぶことができる。

でも、先にスタートを切っておけば大学生になった時には月に数万円くらいの安定した収入が得られるようになっているかもしれない。月に数万円は大学生のバイト代としては合格点です。

Youtubeに限らず、ネットでお金を稼ぐためには最低でも3ヶ月は必要と言われています。Youtubeやブログなどで稼ぐためにはある程度の経験と時間が必要ということです。だから、皆さんにはネットでお金を稼ぐ方法を知ってもらいたい。

大学生になって周りがバイトがないと嘆いている中で、この記事を読んでいる皆さんは涼しい顔でお金を稼いでもらいたい。レジ打ちなんてただ時間を安い金に換えているだけです。ネットでビジネスをすれば若い頃からお金のことについて勉強できる。これは絶対に社会に出てから役立つことです。だから、皆さんも行動して見ましょう。

 

話が結構散らかっちゃったので今日伝えたいことをまとめてみます。

・近い将来今存在しているバイトはどんどん減っていく

・それと同時に新しく生まれる職業もある(Youtuberなど)

・早めに対策をしておけば大儲けできるかもしれない

ということです。僕の名前は最先端東大生です。常に最先端の情報を発信し続けます。最先端の情報を最初に掴み、それに参加することで、もしそこが大盛り上がりしたら自分も大きな恩恵を受けることができます。だから皆さんもぜひ最先端の情報に敏感になって下さい。

皆さんの良いタネになりそうなものを見つけたらそれを記事にしていくので、これからもこのブログを宜しくお願いします。それでは!

1ヶ月以内にGoogle Adsense審査に合格した方法【23日】

どうもこんにちは。今まで当ブログを見てくださった方ならわかると思うのですが、今日からちょっと雰囲気が変わったことに気づきました?そうです。広告が貼られるようになったのです。この広告はGoogle Adsenseというやつで他のサイトでも見たことがあるでしょう。

普通の人はそこまで興味ないと思うので今回の記事はあまり気にしないでください。でも自身でブログを運営されており、それも設立からまもない、もしくはGoogle Adsenseの審査待ち状態の人はどのくらいで審査に通るのか木になる人もいると思うので、僕が今回めちゃくちゃ早く審査に合格した経緯を書こうと思います。

まず、このブログの歴史なのですが、このブログは4/27の夜に開設しました。この日は僕にとっての決意の日になっています。自腹を切ってレンタルサーバーを借りてブログを作ったわけですから当然ですね。

そしてGoogle Adsenseの審査に申請したのは4/30です。この日に申請して、今日が合格した日なので申請してから23日で合格したことになります。ブログを開設してからは26日で合格したことになります。

Google Adsenseに合格するまでに何日かかるのかといった記事はネット上に大量に転がっています。その中では数ヶ月かかっている人もいたので、僕のケースは早い方だと思います。1ヶ月以内で審査に通った人あまりいないんじゃないかなあ。

審査の合格基準は明確にはわからないし、僕もなんで審査にこんなに早く合格できたのかはわかりません。なので、僕はこのブログのデータをあげることしかできないのですが、一つのデータとして僕がどのようにして審査に合格したのかを参考にしてみてください。

 

まず、審査基準としてよく言及されているのが記事の本数。僕はこの記事で73本目の記事になります。26日で73本ということは1日3本近くの記事を書いていることになります。このペースは割と早い方なのではないでしょうか。1日に7件くらい記事を書く日もありましたね。

次に各記事の分量です。ネットに転がっている記事を参考に僕は1記事について1,000字は最低でも書くようにしています。時には3,000字に達することもありました。その1000字のラインを無理やり越えるために最後の方の文章が適当になったりもします笑

というように結構ハイペースで濃い記事を更新していたからこんなにも早くAdsenseの審査に合格したのだと思います。ただ、このボリュームに耐えられないようではブログで生きていくことなんて到底できないと思います。

有名ブロガーのイケダハヤトさんは1日に8000字くらい書くらしいです。相当な量ですよね。だから彼のブログ「まだ東京で消耗してるの?」も相当な記事の量です。しかも大体の記事は面白く、ためになる(たまにアレなのもありますが、僕も同じです笑)そのくらいのクオリティとクオンティティーを維持しないとブログで成功することはできないようですね。東大生的にいうと必要十分条件ではなく必要条件です。

ちょっと話は逸れた気がしますが、とにかくGoogle Adsenseの審査に通りたい人はこれくらいやれば絶対受かりますよ、というラインとして僕のデータを参考にしてくれるといいかなと思います。

 

追加情報として、一般的にGoogle Adsenseの審査は一次審査、二次審査と別れているらしいです。そして、二次審査中の場合はGoogle Adsenseのページに行くと自分のページに貼る用のコードがあるらしいです。正確な日数は覚えていませんが、審査してから一週間くらいでコードが表示されていたと思います。特に一次審査に通過しました!みたいなメールは来ませんでした。二次審査に合格した時(つまり今日)はメールが来ました。

 

あと、受かったあとなのですが、Adsenseのページに行くとスイッチを入れるだけで自動的に自分のページに広告が導入されるようになるんですね。非常にびっくりです。エンジニアとしてもどういう仕組みで勝手に人のページに広告を挿入しているのかよくわかりません。headタグに貼ったタグのせいなのでしょうが、結構不思議です。

 

ということでGoogle Adsenseの審査がなかなか終わらなくて待ち遠しい人の気休めになれば幸いです。

東大生が考えるエンジニア力の磨き方

どうもこんにちは。今日はエンジニアについてです。

僕はブログの傍らでエンジニアをやっています。嘘です。エンジニアの傍らでブログをやっているのですが、今日は僕自身が実践してきた手っ取り早くエンジニア力を磨く方法を伝授しようと思います。エンジニア力というよりは技術力といった方がわかりやすいかもしれませんね。

そもそもエンジニア力とはなんなのかというものを最初に定義しておこうと思います。それは

目標とする製品を決められた規格で素早く作り上げる力

です。あと、今日はソフトの話をしていくのでハードの話を求めていた方はあまり参考にならないかもしれません。つまり、あるソフト(例えばストップウォッチのiOSアプリ)を作って欲しいと頼まれたら、30分くらいで完成させられる人と1日かけて完成させる人はどちらがエンジニア力が高いと思いますか?明らかに前者ですよね。

このようにエンジニアにおいてはいかに素早くものを作ることができるかというのが技術力に直結します。めまぐるしく変わる現代において素早さというのは本当に重要です。今日はエンジニアにとって最も大事な素早さを上げる方法について話していきます。

 

では早速ソフトの話をしていきましょう。僕が今までどのくらいの期間でどの程度の技術力を身につけたかお話しします。

私がエンジニアの世界に踏み込んだのは1年半くらい前ですね。最初にC言語をがっつり学んで、あとはHTML, JavaScript, python, C++, Java, xml, Swiftというような感じのアプリを作成してきました。今となってみればこのやり方は正しかったと思います。もっと詳しくみていきましょう。

 

まず、最初に何か一つのプログラミング言語をがっつり勉強した方が良いと思います。僕はC言語から入ったのですが、なんでも良いのかもしれません。ただ、僕はC言語から入ったので、C言語をお勧めします。

おそらく、C言語というのは割とコンピュータの低水準の領域まで扱うことができ、C言語ベースの言語も多数あるので、プログラミング言語としては一番ベーシックなのではないか、だから最初に学ぶのが良いのではないかと考えています。

C言語さえしっかりやっておけば、他に新しく言語を学ぶ際にあまり苦労なく習得することができます。C言語で学びきれないのはオブジェクト指向とスクリプト型言語くらいですかね。前者はJavaというかAndroid開発で、後者はHTMLで学ぶことができます。どちらもそこまで大変ではありません。

ここまで読んだあなたはC言語をやる気になったかもしれません。エンジニアの第一歩を踏み出すところですね。ここで一つC言語のお勧めの本を紹介します。それは「Cの絵本」です。この本は非常にわかりやすくイラストで描かれており、直感的な理解をしやすいです。僕も使いましたし、僕の周りの東大生も使っていました。エンジニアを始める人もC言語を学び始める人も必読の1冊です。

Cの絵本 第2版 C言語が好きになる新しい9つの扉

 

さてC言語をがっつり学んだら(Cの絵本を一通り理解するくらい学んだら)C言語で色々作ってみましょう。何か作れそうで作りたいものがあればそれを作ってみましょう。特になければpaizaというサイトのプログラミング検定みたいなものをやってみましょう。今の自分の技術力が測れます。

 

僕は学校の授業と並行していろいろやっていたのでC言語の習得は半年くらいかかりました。でも詰めて勉強すれば1ヶ月もしないくらいでC言語の大枠は理解できると思います。

一つの言語をマスターすると何が良いのかというと、他の言語を習得しやすくなるんです。大体のプログラミング言語は基本的な構文は似ています。だから、必要になった言語を学習する際、C言語のfor文はこの言語ではこうやってあらわされるんだみたいなことになり、非常に理解がしやすいです。

したがって、この段階からすでに他の言語で何かを作るのに取り掛かってもいいです。割と簡単めの言語の方が良いかもしれませんね。pythonは割とハードルが低いです。ある程度しっかりした言語をやりたいならJavaですかね。pythonもJavaもプログラミングにおける重要概念であるオブジェクト指向が含まれているので身につけたいところです。

オブジェクト指向は簡単にいうと、エンジニアの先輩たちが作ってくれたものを利用することみたいな感じです。めんどくさいプログラミングは先輩たちが代わりにやってくれたから、簡単に欲しい機能を実現できるみたいなことです。

もう少し具体的にいうと、車の中の細かい構造はプロが作ってくれたから、もしあなたが運転したい場合はハンドルを握ってアクセルを踏むだけでいいんだよ。みたいな感じかな。オブジェクト指向がなんで必要なのかわからない人はなんとなくわかったかな。

少々話が逸れてしまいましたが、C言語一つ学んだあとに他の言語を使いたい場合は必ず作りたいものを最初に決めてください。この理由を説明します。

二つ目以降の言語をもう一度最初から全ての文法を学ぼうとするのはナンセンスです。同じだけ時間がかかってしまいますから。だからまずは作りたいものをイメージする。そしてその機能を実現するにはどのようなコードを書けば良いのかイメージする。そしてそのイメージにあった文法だけを学習する。これが僕の考えるつまみ食い学習法です。

いちいち新しい言語をやるたびに最初から文法を勉強している暇はありません。その言語のプロになってもしょうがないのですから、新しい言語を使う際は必要なところだけを勉強して素早く製品を作り上げるということが重要なのです。

僕がこの記事で言いたいことの中心はそこにあります。人生の時間は有限です。何かを学習するにしても最短時間で学習したい。僕が東大に入るために勉強したのも同じ理論です。最小の学習時間で目標に到達する。これが人生を最も賢く生きるための方法であり、最も稼ぐための方法論なのです。

だから、エンジニアにも求められているものは同じです。目標とする製品を素早く作り上げる。そのためにはいちいち新しい言語を学んでいる時間はない。これが今回の記事の結論です。