東大生が中高生に伝えたいこと-Part6-

東大生が中高生に伝えたいこと第6弾は

論理的に考えろ

です。毎度のことですが僕は東大生です。つまり中学高校の勉強をがんばったから入学することができました。では、中学高校の勉強を東大生になれるくらい頑張るとどうなるのでしょうか?
答えは、「論理的になれる」です。普通の人は勉強というと1600年に何があったかとか詰め込み式の勉強のことを受験勉強や、学校の勉強ととらえがちです。詰め込み式の勉強で太刀打ちできるのは東大以外の大学です。関西の大学はわかりませんが、東京で詰め込み式で太刀打ちできないのは東大しかありません。早稲田慶應も詰め込み式で勉強しさえすれば入れてしまいます。つまり、論理的な人間は東大に集まるのです。
僕は東大に入ってよかったことは?と聞かれたらこう答えるようにしています。

論理的になれたこと。それ以外入ってよかったことはない。

あれ?論理的な人が東大に入るのだから東大生ってもともと論理的じゃないの?という質問がきそうですね。もちろん、東大に入る前から論理的な人間は多いです。僕もある程度論理的な人間だったと思います。しかし、東大は周りの人間の思考のレベルが非常に高いのでそれに刺激されて自分の論理力が非常に磨かれていくのです。これは早慶以下の大学では全く味わえない経験となりますね。だからもっと論理的、合理的な人間になりたい場合はぜひ東大を目指しましょう。

 

スポンサードリンク

 

では先ほど言ったように中学高校の間に論理的な思考力を付けるにはどうすればよいのか?それは勉強の意味を考えること。なぜ今この勉強をしているのか?この問題はどんな能力を見ているのか?東大英語の第一問は学生のどのような力をはかっているのか?このような意識、常に疑問を抱き続けることで自分の論理的思考力はどんどん上がっていきます。そうです、疑問を抱いてそれを自分で解決していくことこそが論理的思考力を鍛えることになるのです。勉強に限らず、日々生活している中でも論理力を磨くチャンスはあります。僕はこんなところで論理的思考力を磨いています。

中高生の皆さんは車の免許を持っていないのであまり気にすることはないかもしれませんが、車を運転する人は常に標識に気を配らなくてはなりません。普通の人ならばその標識を見つけたらそれに従うということしか考えないでしょう。しかし、僕はそこからさらに一歩踏み込んでなぜこの標識はここにあるのだろうと考えています。なぜこの道はまっすぐなのに制限速度は時速30キロなのか?(やんちゃなひとはここで時速50キロとか60キロとか出しちゃいます)もしかしてこの先に何かあるのではないか?なるほど、見通しの悪いカーブがあるのだなというように注意深く運転でき安全なのです。

この考察はなにも運転している時だけしかできないわけではありません。本郷三丁目の交差点は8時から20時まで右折禁止となっているのですが、これはなぜかということを考えました。東大入試でこの交差点の画像を見せて問題を出してほしいくらいです。どのような交差点かというと、2車線の交差点で、車どおりは非常に激しいです。右の車線は上記の時間帯は直進のみ、左の車線は直進及び左折可能です。さてなぜでしょう?まあほとんど答えは出ていますけどね。

答えは上記の制限を設けないと直進できない車が大量発生し大渋滞を引き起こしてしまうからです。

考えてみましょう。まず左折及び直進可能車線についてですが、左折するときは必ず歩行者用の横断歩道を横切らなければなりません。その交差点は歩行者の横断量も多いため、歩行者用信号が赤にならないと車が左折できない場合が多いです。そこでまず、左車線の直進したい車は左折待ちの渋滞に巻き込まれます。次に右車線ですが、もし右折可能にした場合、反対車線の車が途切れない限り車は右折できません。そして車どおりの多い道路ですからもちろん右折できず、その後ろに直進待ちの車が多くなってしまいます。

このように2車線しかないために大渋滞が発生する恐れがあり、それを防ぐために規制を設けているのです。僕はこの答えを二日くらい考えて見つけました。

というように僕は常日頃こんなことを考えながら暮らしています。どうです?きもいでしょ?(笑)ただ、こういうことを考える習慣のついている人が東大に入れるのです。勉強だけに疑問を抱いていてもしょうがないです。むしろ勉強にいちいち疑問を持つのはだるいかもしれませんが、日常の中に疑問を抱いて解決するのは楽しいかもしれません。

東大生である僕が勧める論理力トレーニングとうでしたか?日常生活のいろいろな疑問などを自分で考えて、答えを出すという行動は非常に意味のあるものだと思います。受験勉強だけでなく相手に何かを納得してもらえるような説得力のある発言をするためにもこのトレーニングは有効なのだと思います。決して正しい答えを出す必要はありません。何か気になる題材を見つけたら僕に送ってみてください。(saisentan.toudaisei@gmail.com)答え合わせしましょう。

今日のメッセージはもっと論理的に考えろ!でした!東大生になりたいならば勉強の第一歩としてこのようなことを意識してみましょう。

 

スポンサードリンク

暇な東大生だからこの時間にも投稿できちゃうんだよな

どうもこんにちは。暇な東大生です。暇な女子大生ではありません。

突然ですが、今日はめちゃくちゃ暇です。どのくらい暇かというとこの時間にブログを書いて投稿できてしまうくらい暇です。今日はそんな暇な東大生が暇な時に何をするか書こうと思います。といってもこの時間に投稿してもどうせ中学生、高校生は学校に行っていると思うし、社会人の皆さんは働いているでしょうから、結局この記事を見るのは僕と同じように暇な大学生とかニートとかしかいないんでしょう。まあでも書きます。

でもやっぱりできるだけ多くの人に読んでもらいたい。だからこの記事では今後どのような記事を投稿していくのか予告しようと思います。

まず、今日の夜に2本記事を投稿します。一つは連載中の「東大生が中高生に伝えたいこと」第6弾です。ついに最終章を迎えます。最後だからめちゃくちゃ大事なことが書いてあるのでよろしくね。そしてもう一本の記事は「ゴールデンウイークの過ごし方から見る東大生の生態」ということで僕がいろんな東大生にゴールデンウイークの過ごし方を聞いてみてそれをまとめたものを投稿します。実にいろんな過ごし方がありますが、東大生にしかできない返答ももらったのでその辺を楽しみにしていてください。

といように暇なので今日の投稿予定を書いてみました。そうです、東大生は暇だと予告してしまう癖があるのです。ついでにゴールデンウイーク中の記事の予告もしておこうか?しません。

あと、ブログ初めて思ったのですが、やっぱり読者の皆さんにあってみたいんですよね。直接。中学生、高校生の皆さんが多いと思うのですが、勉強を教えたい。そして、勉強という拘束から解放してあげたい。勉強なんて拘束なんですよ。だから、僕がとっとと勉強を終わらせる方法を伝授して大事な学生生活を謳歌してもらいたい。そのお手伝いをしたいという思いが日に日に強まっています。お金を払ってブログを運営するようになってからますますこの思いは強くなっています。

メールアドレス(saisentan.toudaisei@gmail.com)をちょくちょく書いているのですが、全然メールが来ません。皆さんなんでメール送ってくれないんですか!(笑)たかがgmailなんだし全然怪しくないですよ。そちらもgmailで送ってくれれば安心なわけだし。後、僕は東大生の中でいちばんやさしいのでこんな質問していいのかなとかためらう必要はありません。むしろ、ためらって僕にメールできない人に僕はがっかりしてしまいます。

正直、僕も勉強はそんなに好きじゃありません。だから芸能人のこととか歌のこととかテレビのこととか話していたほうが実は楽しいんです。テレビに出てる他の東大生はそうは見えませんけどね。なので、勉強に関係のない趣味のことでも全然良いです。なんかメールを送ってください。僕は皆さんのその行動を最大限に尊敬します。

以上、何もすることがないので駄文を投稿してみたのコーナーでした。

LINEみどりくじ・・・すごいビジネスモデルだ-東大生がニュースを斬る-

どうも皆さんこんにちは。今日からスタートしたLINEみどりくじ。LINEをやっている皆さんならさすがに1通は来てますよね?

送る側も送られる側も損はしないため、僕のところにもめちゃくちゃいっぱい来ました。いろんな人の話を聞いたところ、最初の一回は誰でも100円が当たるようになっているようですね。

このキャンペーンはそもそも何を目的としたものかというと、LINEのサービスの一つである「LINE Pay」のプロモーション活動の一環らしいですね。くじをあけて、当たったらLINE Payの口座に入金されるのですが、LINE Payに登録しないと最初の100円をもらうことができない。せっかくお金をもらえるんだったら登録しなきゃ損という消費者の心理をくすぐって登録者数を増やそうというテクニックです。最近はやってきている仮想通過ブームの流れにLINEも乗ろうとしているのでしょう。

僕もこのキャンペーンがきっかけでLINE Payに登録してしまった人の一人です。なのでLINE Payについてどんな特徴があるのか?どんな利点があるのか調べてみました。

公式サイトに書いてあるLINE Payの特徴は以下の通り

・友達などに簡単に送金できる。

・銀行から簡単チャージ

・特別優待がある

おそらく最大の利点は簡単に送金できるというところでしょう。ビットコインなどの仮想通貨の特徴として国内外を問わず送金が簡単だという特徴がよく取りざたされていますね。送金が簡単だということはそこに人的コストがかからないということなので振込手数料などが低くなる、場合によっては手数料が無料になるというのが非常に魅力的です。LINE Payの場合は手数料についてはわかりません。(わかりやすいところには書いてなかった。書いてないということはおそらく手数料がかかるのですが、そんなに高くないでしょう)

手数料が安いという利点のみならず、通常銀行で振込をする場合はATMにわざわざ足を運ばなくてはならず、非常に面倒です。ネットバンキングを利用したとしても相手の口座番号や、名義を入力するのがやや面倒ですね。(ネットバンキングはそこまで面倒ではないですが(笑))

一方、仮想通貨の良いところは送金が簡単なところですね。わざわざATMに行かなくてもいいし、送金も簡単らしいです(送金したことがないのでわかりません。ごめんなさい)だから仮想通貨のシステムがこれからどんどん流行っていって、大手銀行の事務員の数も減っていくのではないでしょうか。

また、LINE Payは仮想通貨の送金よりももっと簡単っぽいです。要は口座番号とか気にすることなく、LINEのアカウントで友達になっていればお金を送れるのですから簡単なことこの上ないですね。大好きなあの子に貢ぐのももっと簡単に!

ということで送金があらゆる金融サービスの中で一番簡単になるのがLINE Payなのではないでしょうか。そこが魅力なのでしょう。そして、今回のみどりくじキャンペーンでLINE Payに登録する人がいっぱいいれば多くの人にネット上で送金できるようになりますね。登録しちゃったしこれから使っていこうかな。友達と遊びに行ったときに割り勘するのが便利っていうのもよいところです。

そのほかの二つはまあそこまでって感じですね。特別優待に関してはこれから使える店舗が増えていけば魅力的になっていくのでしょう。

ということで最後のほうは話が適当になってしまいましたが(笑)とにかくLINE Payは送金が簡単ということですね。タイミングがあればこれから使っていこうと思います。ただ、みんなが使わないとあまり使えるタイミングはないんじゃないのではって感じです。