欅坂46は俺が守る-握手会刃物男事件-


どうもこんにちは。

非常に悲しいニュースがありましたね。

ニュースはこちら

もう許せないです。

 

3年前のAKBの事件もそうですが、なぜ握手会でメンバーを刺そうという発想になるのでしょうか。

これに限らず、犯罪心理というのは常人には理解しがたいものが多いですね。

 

今回はメンバーが怪我をしなかったのが不幸中の幸いですが、精神的ショックは残ってしまいますよね。

これからの活動に支障が出ないと良いのですが。。。

スポンサードリンク

ということで

欅坂46は俺が守る!

今日から俺が欅坂のメンバーの彼氏になって一人一人守ってやる!

 

そしてある企画が立ち上がった・・・

そう、その企画は

欅坂46と毎日デート!

 

はい、今日から毎日(ではないかもしれませんが)欅坂のメンバーの一人とデートをします!

デートの内容はこのブログにちゃんと書くので皆さん安心してください!

そして、その厳正なるくじの内容をYouTubeにアップします!

そう、今日から僕もYouTuber!

 

ということでさっそく厳正なるくじ引きの様子をYouTubeにアップしたのでご覧ください!

 

 

 

ということで今日は欅坂46の志田愛佳ちゃんとデートすることになりました!

 

正直、欅坂の中でいちばん好きなので、これを一発でくじ引きで当てた時はマジで運命感じました。

そんな彼女とのデートの模様を今日はお伝えします。

 

今日は愛佳との初めてのデート

愛佳のことはテレビでよく見ていて性格をよく知っているのだが、向こうは僕の性格をまるで知らない。

つまり、向こうから見たら初対面だ。

彼女はあまり慣れてない人の前ではおとなしい性格があるので、今日は僕が会話を引っ張っていかなくてはならなかった。

正直どこに行こうかもめちゃくちゃ迷った。

今でもこの選択は正しかったのかはわからない。

 

僕たちは14時に代々木で待ち合わせをした。

初対面でいきなりランチを食べてしまうと緊張してしまう。(対面に座っている人は心理学的に圧迫感があるため、打ち解けるのには向いていない。面接と同じような状況になってしまう)

だから僕は各々昼食を食べてから集合することにした。

 

僕は愛佳がどんな人かをよく知っている。

人見知りで、慣れるとめちゃくちゃ喋ってくれるということはわかっていた。

つまり、今回のデートの目的は愛佳と打ち解けること。

そのためには

・愛佳に僕のことを知ってもらう。

・僕が愛佳のこと(実はおしゃべり)をよくわかっているということを伝える

ことが必要だ。

 

今回のデートで僕はひたすら話すことを心がけた。

だがいくら彼女のことをわかっているとはいえ、どうすれば彼女が心を開いてくれるのかよくわからない。

代々木公園を散歩しながら色々なことを話した。

 

欅坂46の話、趣味の話、バレーボールの話、新潟の話、性格の話。

恋愛の話はしなかった、できなかった。

 

代々木公園を1時間ほど散歩して、ベンチに座った。

そこでもたくさんの話をした。

なんとか愛佳に心を開いてもらうために。

 

彼女が笑う機会がだんだん多くなってきた気がする。

だが僕は知っている。

彼女の笑い方は二種類ある。

それは心の底から本気で笑っている時

もう一つは愛想笑い。

彼女が僕に向けていた笑いは後者の方だ。

これは察することができた。

 

それでも僕は必死に彼女と話した。

僕が愛佳のことをよく知っているのは伝わったと思う。

だから彼女が安心して話せる相手になれるように努めた。

 

日も暮れて、足元が見えなくなるくらいの暗さの中、僕らの距離は自然に近づいていく。

あんまり見えないから彼女と何回かぶつかった。

その度に僕は幸せを感じていた。

 

渋谷まで歩いて、夜ご飯を食べることに。

初デートはむしろ気取らないのが俺の方針。

1000円くらいで食べられる洋食屋に入った。

まだ向かい合って食べるのは早いと思ったが仕方がない。

 

料理はおいしいのだが、まだ慣れてないのか彼女はクールに食事を続ける。

だんだん厳しくなってきた。

正直、異性との食事は苦手なのだ。

ここまで悪くない調子で親密度を上げてきたが、夕食は失敗だったかもしれない。

しかし、それはしょうがない。

そして、彼女はクールだからもしかしたら内心喜んでいるのかもしれない。

好意的に解釈しておこう。

 

レストランを後にした僕たちはそろそろ解散することに。

この後粘るつもりはない。

だって彼女は今をときめく欅坂46のメンバー。

こんな夜に渋谷で男と二人で遊んでいるところを週刊誌にでも撮られてしまったら・・・

彼女の活動を応援している一人のファンとしてそれは絶対に避けなくてはならないことだ。

だから僕らはさりげなく解散した。

グダグダ感想を言い合って解散なんていうのはトップアイドルとはできない。

感想は後からLINEで言えばいい。

そう、この後のLINEで全て決まる。

 

彼女と解散した後、山手線内回りに乗り込み即座にスマホを開く。

今日は楽しかったこと、久しぶりにこんなに楽しいデートができたこと、率直な感想を書いて送信した(あまり長文過ぎると彼女の場合は特に煙たがりそうなので簡潔に、しかし情熱的に文章を書いた)

 

原宿を出たあたりですぐに既読がついた。

しかし、返信がこない。

これは嫌われたか。

新宿を過ぎた。

彼女が長文を打つとは考えにくい。

既読スルーされるのか。

僕の恋は終わったのか。

 

諦めて僕はスマホを閉じた。

もう何も見たくない。

僕の何が悪かったのか。

代々木公園で歩かせ過ぎたか。

それともただ単純に話が面白くなかったのか。

やっぱり夜ご飯を食べているときの沈黙がまずかったか。

まさかLINEが悪いなんてことはないだろうな?

半日前まで夢にまで見ていた時間のはずだったのに今となっては・・・

 

最寄駅についた。

僕は最寄駅から自宅までの歩いている時間を無駄だと思っているのでいつもスマホを見ている。

そのルーティンでスマホを取り出してしまった。

しかし、それは正解だったのかもしれない。

愛佳からの返信が来ていた。

 

彼女から返信が来ていたのは僕が電車でスマホを閉じてからすぐのことだった。

その内容は

今日は楽しかった。

また誘ってね。

というものだった。

何にも代えがたい喜びが僕を包み込んだ。

僕はただただ単純な人間なので言われたことはそのまま信じてしまう。

ただ、その性格の方が良いのかもしれない。

とにかく僕は次に繋いだ。

欅坂46大本命の志田愛佳との初デートを成功させたのだ。

次のデートはいつになるのかわからないが、楽しみにしておこう。

 

彼女はそんなにダラダラLINEをするような性分ではないと思うので、あまりしつこく返信せず、何往復かの後におやすみを伝え、終了した。

 

スポンサードリンク

本日デートした相手はこの子になります。


投稿者:

front_toudaisei

東大生です。「常に最先端を行く」が信条です。 Twitter→@follow_sougo_upです mail→saisentan.toudaisei@gmail.comです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。