カラオケ館・歌広場・ビッグエコーなどに入る方法まとめ!


どうもこんにちは。本日2本目の記事です。今回は

カラオケの入り方!

こちらの記事でも紹介した通り、カラオケというのは良い暇つぶしになります。しかし、一人カラオケにハードルを感じている人が数多くいるというのもまた事実です。ヒトカラ楽しいのにもったいないです!

コミュ障でも暇つぶしができる場所まとめ

そんなわけで今回はヒトカラに行きたいけど怖くていけないという人のために、カラオケ店に入る方法をまとめました。

スポンサードリンク

入店

・カラオケ館

まず受付に行きます。すると受付に記入用紙があるのでその表の中に名前や年齢、利用時間などを書きます。そして希望の機種を聞かれます。希望がない場合は「いいえ」と答え、希望がある場合は空いている機種を選びましょう。機種については後述。

そこまでいけばあと少し、カラオケ館は1ドリンク制なので受付でドリンクを1杯注文してから部屋に行きましょう。すると入室後数分でスタッフが飲み物を持ってきます。歌を聞かれるのが嫌だったら、デンモクをいじりながら何を歌うか考えておきましょう。

基本的に後会計なのでお金の準備はしなくて大丈夫です。

・歌広場

歌広場は店舗によって若干形態が異なるので臨機応変に対応しましょう。ぼくが今まで経験したのは2パターンあって、一つはカラオケ館と同様に受付の記入用紙の表に自分の名前などを書くパターン、もう一つは受付の近くに小さい紙が置いてあって、そこに自分の名前などを書き、それを受付に持っていくパターンです。そのどちらなのかは入店と同時に判断します。小さい紙に書くパターンの場合は受付に向かう途中で気づくと思います。わからなかったら店員さんに聞き迷う。最初はしょうがないです。

必要事項を記入したらカラオケ館と同様に希望の機種を答えます。ない場合はないで結構です。そして、カラオケ館と違うのは、歌広場は飲み放題だということです。さらにドリンクバー形式なので会計まで店員と話す必要がありません。なので歌広場の方が楽です!ドリンクバーで飲み物を入れて自分の部屋に行きましょう。

会計は後会計の店舗が多いのですが、前会計の店舗もあります。また、フリータイムだと前会計という場合もあるのでそこは統一して欲しいですよね。一貫性が求められます。

・その他

基本的にはホームページで料金表を見て1ドリンク制かドリンクバー制かで判断しましょう。1ドリンクならカラオケ館と同じ、ドリンクバーなら歌広場と同じ入り方です。多くの店は1ドリンク制ですが、歌広場の他にビッグエコー、カラオケバンバンが飲み放題のところが多いです。

カラオケの機種について

カラオケにこだわりがない人はカラオケの機種なんてどうでも良いと思いますが、いずれにしても新しい機種に越したことはないです。

新しい機種はMVが見れることも多く、音質も良く、デンモクも綺麗で先進的です。なのでできるだけ新しい機種を選ぶようにしましょう。

また、現在カラオケ機種業界には2大巨頭があります。それがDAMとJOYSOUNDです。どちらを選ぶかは宗教戦争にもなり得ます。なので自分に合った機種はどちらかを考えましょう。

簡単に両者の特徴を比較しておくと、DAMは音質が良い、採点機能が充実している、JOYSOUNDは曲数が多い、といったところでしょうか。ぼくは採点が大好きでJOYSOUNDの採点がイマイチなのでいつもDAMの部屋に入っています。

また、DAMはLIVE DAM STUDIUM(ライブダムスタジアム)が最新機種で、JOYSOUNDはJOYSOUND MAX(ジョイサウンドマックス)が最新機種です。

カラオケ終盤

退出予定時間の10分前か5分前になるとフロントから電話がかかってきます。延長したい場合はその旨を電話で伝え、そのまま退出する場合は「わかりました」と一言言えば大丈夫です。若干時間はオーバーしても大丈夫なのでキリの良いところで受付に向かいましょう。伝票を持っていくのを忘れずに!

会計

後会計の場合は伝票を店員に渡してお会計します。前会計の場合は店員に伝票を渡したらすぐに店舗を出て大丈夫です。

 

以上が有名カラオケ店で一人カラオケをする方法でした。これであなたも気兼ねなく一人で行けますね!では最高のヒトカラライフを!

 

カラオケに行くのが憚られる人はまずは自分に自信を持ちましょう。自信を持つならこの本がオススメです。DaiGoさんはなかなか説得力のある文章を書く人なのでこの本はすんなり頭に入ってきて実行してみよう!という気持ちになります。


ポジティブ・チェンジ

 

LIVE DAM STUDIUMの精密採点DX-Gで高得点を取りたい人はこの記事を読んで見ましょう。ぼくが100点をとった曲一覧です。有名な曲だけをリストアップしているので人前で歌っても盛り下がらないし、歌が上手く聞こえるという曲になっています。この曲を練習して人前で堂々と歌えるようになりましょう!

カラオケプロの俺が精密採点dx-gで高得点を取れる曲を教える

スポンサードリンク


投稿者:

front_toudaisei

東大生です。「常に最先端を行く」が信条です。 Twitter→@follow_sougo_upです mail→saisentan.toudaisei@gmail.comです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。