東大に入ってモテる人とモテない人の違いとは?


どうもこんにちは。今日は誰もが思っているであろうこんなことを議論してみようと思います。それは

東大生はモテるのか

以前にもこんな記事を書きました。その時は以前は東大生はモテていたがMARCHを中心とした学歴において非常に中途半端な層が、学歴ピラミッドの頂上にいる東大生を虐げるためにメディアを利用して東大生はモテない、魅力的でないという像を作り上げているということを論じました。

このようなメディアが日本社会を破滅に導いているという趣旨の話は先の記事に預けるとして、今日は東大の中にいる人間のモテる人とモテない人の境界線を分析していきたいと思います。

まず、全体像からいきましょう。東大生は一部のめちゃくちゃモテる人間と、大多数のめちゃくちゃモテない人間。そしてその中間層がうっすらと存在しているという感じです。どのような人がそれぞれの層に属することになるのか考察していきましょう。

まず、一部のモテる人たちから考えて見ます。この層に属する人は主にイケメン東大生ですね。テレビに出てるような人たちや、広告研究会、ミスコンに出ているような人は当然ながらモテます。そして、残念なことにイケメンでない東大生は基本的にモテません。テレビに出てクイズができるからといってモテるわけではありません。水上颯くんはイケメンで、さらにクイズもできるからモテるわけです。

 

 

一方、東大生の大多数はモテないのはなぜなのか

よく街中でブサイクなのに可愛い女の子と歩いているような美女と野獣みたいなカップルいますよね?そんなにいっぱいはいないけど。でもブサイクな東大生が美女と付き合うということはありません。これには様々な理由があります。いくつか考えてみましょう。

・話がつまらない

これが結構大きいでしょう。先の例のような美女たちって、顔を重視するより他のものを重視しているんですよね。そしてその大半がトーク力。つまり、ブサイクでも面白い人はモテるんです。これが芸人がめちゃくちゃモテる理由と同じです。ようは顔はほとんど関係なしに、面白さだけを重視している人がブサイクと付き合えるのです。

しかし、ブサイクな東大生は話が面白くありません。自信がないからです。

東大生は多くが男子校出身者であり、女性経験が非常に少ない。そして、女性を笑わせるという経験がほとんどありません。そのような状態で東大に入っても女性と接する機会はほとんど増えないし、数少ない機会をものにするなんて到底できません。だからどんどんつまらなくなる。自分の勉強にだけのめり込むようになる。結局結婚できずに優秀な子孫を残すことができず死んでいく。

結局東大生でモテない人の最大のファクターはこれなのでしょう。話がつまらない。一緒にいて楽しくない。

僕が普段から接する人で一緒にいてもつまらない人には彼女はいないですし、楽しい人には彼女がいたり、それなりに性生活が重質していたりする。これが大きいと思うんですよね。本当にかわいそうです。

 

スポンサードリンク

 

箇条書き形式にしようと思ったら、言いたいことを全部言ってしまいました。結局は

女性経験が少ない

話がつまらない

女性を楽しませられない

という悪循環が発生し、東大生はモテなくなるのです。このような東大生はモテません。だから東大に入ったらモテると思っている諸君。現実はなかなか厳しいぞ。一昔前までだったらドラゴン桜のような世界が広がっていたが今ではそうではない。気をつけろ。

ということでモテたいと思っている人たちができる選択肢は二つです。

・トーク力を上げる

・MARCHのような中途半端にモテるけど社会的価値を生み出せない人間を駆逐する

ぜひ頑張って下さい。僕も応援しています。

 

スポンサードリンク

 

この人たちは本当にモテる東大生です。

今夜はナゾトレに出てるイケメン東大生、松丸亮吾の素性を調べたらびっくりした


投稿者:

front_toudaisei

東大生です。「常に最先端を行く」が信条です。 Twitter→@follow_sougo_upです mail→saisentan.toudaisei@gmail.comです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。